【予防線を張ろう】  不正アクセスを防ぐ方法

不正アクセスとは、アクセスを許可されていない人が不正な手段を用いて勝手にアクセスを行うことです。不正な手段とは、パスワードやユーザーIDをアクセスを許可されている人から盗み取ったり、ネットワークのセキュリティの脆弱性を突いて、侵入するということです。

そのようなわけで、これらの抜け穴を防ぐように常日頃から心掛け、不正アクセスへの予防線を張り、不正な侵入をされないように心掛けることが大切であると思います。

スポンサーリンク

【進入禁止】 不正アクセス対策法

不正アクセスを予防するためには、以下のような方法があります。
いずれの場合も少々手間がかかるのが難点ですが、不正アクセスの餌食になるよりかはマシですので、日頃から心掛けておきたい対策法です。


不正アクセス対策法内容
ID・パスワードの管理パスワードは一定期間ごとに更新する。
IDやパスワードは連想されにくいものを使用する。
パスワードやIDをテキストデータや紙に書いて残さない。
アクセス権の管理ファイルやデータへのアクセス権の設定を行う。
特に重要なファイルやデータの書き込みや読み込みは、特定の人だけができるように設定をし、不特定多数の人々に容易に書き込みや読み込みを行わせないようにする。
アクセスログの管理アクセスログがあれば、不正アクセスを仕掛けてきた場合に発見しやすくなる。
ファイヤーウォールの設置ファイアウォールは、不正アクセスの防御壁となるのでできるだけ設置する。(最新バージョンのものを利用するようにする)

スポンサーリンク