【不正利用された?】 カード情報について

インターネットや小売店にてカードで物を買うと、誰が・いつ・何の商品を・いくらで・買ったのかがカード会社に報告されます。その情報を元に、カードの利用額が口座から引き落とされるわけです。

日本で商品を購入すれば日本のクレジットカード会社に、アメリカで商品を購入すればアメリカのクレジットカード会社にその連絡が行きますので、アメリカのクレジット会社で顧客情報が流出したからと言って、同じクレジットカード会社の日本支社のカード情報でも、顧客情報がもれているかというと、そういうわけでは無いわけです。

スポンサーリンク

しかしながらココで問題なのが、「通販でアメリカの商品をアメリカの通販会社から購入した場合」です。
この場合は、顧客情報が流出している可能性が出てきてしまうわけです。
なぜなら、アメリカにあるインターネットショップが、アメリカのクレジットカード会社にカード情報や商品購入情報を連絡し、口座から引き落としをしているからです。

また、海外旅行で様々なものをカードで購入されるケースが多いかと思いますが、そのような時にも注意が必要です。何故なら、クレジットカードは日本の会社であっても、海外で購入したときには、海外のクレジットカード会社にカード情報や商品購入情報の連絡が行くからです。

ですので、海外でこのような顧客情報漏えい事件が起こった場合も、海外で起こったことだからと安心せずに、「その国でインターネットショッピングでクレジットカードを利用したことは無かったか?」とか「その国で買い物をしたことはなかったか?」などをチェックされたほうが良いかと思います。


カード情報流出で巻き込まれる恐れのある犯罪

皆さんがインターネットでお買い物をされる際に、カード番号や有効期限などを打ち込まれるかと思いますが、その情報を不正利用しようとしている人が得てしまうと、「なりすまし犯罪」が行われる可能性があります。

つまり、カードを所有している人になりすまして、カード情報を利用してインターネットで買い物をする・・・というわけです。こんなことをされると、インターネットで買い物をした覚えも無いのに、多額の請求書が自宅宛に届けられる可能性が出てきてしまいます。

ですので、なりすまし犯罪で多額の支払いをしなくても良いように、普段から「ご利用明細」にはしっかりと目を通して置かれた方が宜しいのではないかと思います。
なお、もし仮になりすまし犯罪が行われたのであれば、そのカードは利用停止になり、新カードが発行されるようです。


スポンサーリンク