【最悪】 BIOSデータを改ざんするウィルス

以前勤めていた職場でのこと・・・
「ウィルスなんて、PCを再インストールすればキレイさっぱり消え去るんだから、本体は買いなおす必要は無いですよネ」・・・などと、新人の無知っぷりを大いに発揮していた私なのですが、職場の先輩にこんなふうに一蹴されてしまったのでした。

「BIOSを破壊されたら、PCを買いなおさないかんやろ?」

そうです。
BIOSのプログラムを破壊して、PCを起動できなくするタイプのウィルスだってあったのです。

スポンサーリンク

【PC起動】 BIOSとは?

PCを起動させる為には、BIOSが必要です。BIOSというのは、PCが接続されているハードウェアを制御したり、OSを起動させるためのプログラムです。

ですので、BIOSがウィルスによって破壊されてしまうと、PCの起動自体が出来なくなってしまう・・・というわけです。BIOSはOSなどのプログラムよりも、より重要な存在なのです。
OSが破壊されてもOSを再インストールしてデータが失われるだけですが、BIOSが破壊されてしまうと、PC自体が破壊されてしまうので、そのダメージもより深刻になる・・・というわけです。


【悪いやつ】 BIOSを破壊するウィルス

チェルノブイリ

名前からして不気味ですが、BIOSやハードウェアを破壊するウィルスです。
Windows90系統のOSでしか作動しないので、WindowsXPなどのOSを使っていれば感染しないです。


PE_MAGISTR.A

感染するとハードディスクを破壊されたりBIOSが破壊されたりする可能性のあるウィルスです。
結構有名なウィルスです。WindowsMeや、NTや、2000あたりに感染します。
(WindowsXPは今のところ大丈夫なのですが、いつ何時強力な亜種が誕生して、WindowsXPに感染するタイプのウィルスがばら撒かれるかわかりませんので、念のためウィルス対策ソフトは入れておいたほうが良いのかもです)


スポンサーリンク