画像加工(背景を消す)

加工00


画像加工は、ちょっとしたこつさえ覚えれば、案外簡単です。
背景を消す場合にも、ちょっとしたコツがあるのです。
この写真は原画です。

レース越しに逆光で写っています。
本体(被写体の犬)は、逆光のため、黒っぽく写ってます。
この写真を明るさ調節して、明度を上げてやりましょう。


加工01


すると、背景のレースが消えてます。
元々、逆光状態で明るめに写っていたレースですので、明るくしてやっただけで、レースは、画面からキレイになくなっています。
(明るさ補正を細かく指定できるため、画像加工ソフトを使用して加工しています)


加工02


しかしながら、逆光状態の写真ばかり撮るわけにもいきませんので、逆光で無い場合(この写真のように、逆光ではありませんし、明るさ調整しただけでは、背景が残ってしまう写真)の背景も消してみたいと思います。
とりあえずこの写真を白でくりぬいてみます。


加工03


すると、こういう状態になります。
何だかはさみで切り抜いた状態になっています。
これを画像の明るさ・色味調節してやると・・・


加工04


・・・こういう状態になります。
明るさ調節で、明るくしてやったので、先ほどよりかは切り抜き感は減ったのですが、やはりまだちょっと切り抜き感が残りますので、光が当たってそうな場所の淵の部分を明るくして、影が出来てそうな部分を暗くしてやります。
(画像加工ソフトでないと出来ない場合があります)


加工05


すると、このような写真が出来あがります。
(こちらのページの画像は、Phoshopを使用して加工しました)


スポンサーリンク