Photoshopで画像加工をしよう!

私は、Adobe社の「 Photoshop 」という画像加工ソフトを使用して、WEBサイトに使用しているの画像を制作や写真の加工などをしています。
このソフトには画像加工の為の様々な機能が備わっていますので、自分の思った通りの画像加工がしやすくなっています。


【画像加工・写真加工の定番ソフト】 Photoshop CS

Photoshop は、高度な画像加工のできるソフトウェアです。
Photoshopは、イラストの着色・ロゴ制作・写真加工などの作業が簡単に行えます。
(しかも綺麗に加工できます)

Photoshop CS Windows版

Photoshop CS Macintosh版


あと、CPUメモリHDDビデオカードなどによってはPhotoshopを使えない場合もあるようですので、購入前に使用予定のパソコンで起動できるかどうか確認する必要があります。


【割安価格でフォトショップを使いたい!】 Photoshop Elements

Photoshop Elements Windows版

お手ごろ価格でPhotoshopをご利用になりたい方にお勧めです。
Photoshop ElementsはCSとは違いかなりの機能が制限されていますが、一昔前のElementsとは違って、そこそこのことはできます。(このサイトはElements(6.0)で作りましたので、このサイトの画像作成程度のことであれば、Elementsで十分可能です。)

でも、毎日色々と便利な機能や高度な機能を使うのであれば、 Photoshop CS がよいかもです。
ただし、(Elementsと比較すると)お値段はかなり高価です。


【ロゴ作成ならおまかせ!】 Illustrator CS2

Illustrator

Illustratorの扱う画像は、「ベジェ曲線」です。
ベジェ曲線で図形制作すれば、解像度を変更してもそれに合わせて図形の輪郭などを計算しなおして鮮明になるように表示してくれますので、輪郭のラインがはっきりとしたロゴデザインや、解像度を上げてもクッキリ見える図形制作などに向いています。


【画像加工もロゴ制作もWEB制作もおまかせ】 Creative Suite

Creative Suite

Creative Suite には、Photoshop CSIllustrator CSInDesign CSAcrobat ProBridge CSDevice Central CSなどのソフトウェアが入っています。
(バージョンアップによってセットになっているソフトウェアは変わるようですので、どんなソフトウェアがセットになっているかご購入前にご確認ください)

Photoshop も Illustrator も Acrobat も使ったりするようなお仕事の場合は向いていると思います。
全てソフト全部を一個一個買うよりもCreative Suite はお得ですが、ほとんど使わないソフトだらけの場合は、個別に買ったほうがお得かもです。


スポンサーリンク