文字やマークに光をつける方法

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。


Photoshop では、文字や切抜きした画像やマークなどに、光の効果(光彩)をつけることができます。



文字やマークに光をつける方法

1. レイヤーウインドウでレイヤーを選択する
(レイヤーウインドウの開き方 : メニューバー ⇒ ウインドウ ⇒ レイヤー)
文字レイヤーの場合は文字を、光をつけたい画像の場合はその画像を選択します。


2. 効果ボタンをクリックする
光彩の効果アイコンをクリックします。
(効果ウインドウの開き方 : メニューバー ⇒ ウインドウ ⇒ 効果)
光彩以外の効果でも光の効果はつけれますが、消すことの出来ない余計な効果がついてしまうことがあります。

ちなみに、光彩も何種類もありますので、種類によって光の効果のつき方が変わってきます。



3. 光彩の設定をする
サイズ・不透明度・色などの設定をします。
そのほかの効果(光彩・エンボス・境界線の設定も同時に行えます)



4. OKボタンをクリックする
後で効果の内容を変更する時は、レイヤーウインドウを開き、
効果の適用されているレイヤーの青文字の fx ボタンをクリックすれば、
効果の設定をやり直せます。



光彩の効果をつけられない原因

光彩の効果がつけられない原因には、以下のようなことが考えられます。


1. 境界線で隠れてしまった
あまりにも境界線が太いと、光彩が隠れて見えなくなってしまうことがあります。
(光彩のサイズが小さい場合)


2. 透明部分のないレイヤーに効果をつけてしまった
光彩の効果は、不透明部分の光彩を透明部分に表示しますので、
不透明部分のないレイヤーだと光彩の効果は表示されません。


3. 光彩が薄すぎて分からなかった
光彩の不透明度を上げてみましょう。


4. ドロップシャドウの効果をつけようとしていたのが、背景だった
背景には効果はつけられないです。
背景に効果をつけようとするとエラーメッセージが出てきて
普通のレイヤーに変更するかを聞かれますので、OKボタンを押せば効果を適用できます。
ただ、不透明部分がないために、このままでは光彩の効果は見えないです。



5. 背景色と光彩の色や明度が近い
背景色と光彩の明度が近いと、光彩の効果をつけても見えません。
光彩の明度と間逆の背景色の方が、光彩が見え易いです。


スポンサーリンク