【時間軽減】 ドライバと再インストール


メーカー品のパソコンを買うと、リカバリディスクなるものが付いてきます。
これは、パソコンの部品が正常に作動するために必要なドライバや、付属のソフトウェアの入ったディスクです。

スポンサーリンク

これは、再インストールする時に、工場出荷時の状態に戻すために使われます。
近年は、パソコンショップで販売されている『いくつかの選択肢の中から部品をチョイスして注文するBTOパソコン』でも、リカバリディスクが付いていることが多くなりました。



でも、本物のBTOパソコンですと、リカバリディスクは付いていません。
それぞれの部品のドライバが別々についていて、再インストールする際には、それを一つ一つインストールしていかねばなりません。

そのような本物のBTOパソコンを再インストールするとなると、インストールせねばならないドライバの数によっては、ちょっとした手間がかかるようになってしまいますので、このような場合は、再インストールする前に現在使用中のドライバを一括保存しておくと便利です。


ドライバを一括保存(バックアップ)ソフト(DriverMax)
(30日以上使用する方はユーザー登録が必要です)


このドライバの一括保存はちょっとめんどくさいので、使用中のドライバの一括保存用ソフトを使って、ドライバを一括保存している方が多いようです。

ドライバの一括保存ソフトには、無料のソフトも有料のソフトもあります。
また、個人はライセンス不要のものや、英語版のものなど、様々なタイプがあります。

でも、フリーソフトの場合はいざと言うときにサポートが付かないですので、いざと言うときがあっては困る方は、有料のドライバの一括ダウンロードソフトを利用した方が無難かもです。


スポンサーリンク