Windows Vista 使用体験談

先日、父がパソコンを買い換えました。
というのも、前のパソコンはCPUのファンが故障してしまい、パソコンの起動時にエラーが出るようになってしまったからです。

本当は、前のパソコンを処分する前にパソコン本体のケースを開いてCPUファンの掃除でもすればよかったんですが、前のパソコンは、パソコン本体のケースが開かないタイプのTVとパソコンの一体型タイプだったので、結局、新しいのに買い換えることにしました。
(まあ、古いパソコンだったので、動作が遅いってのもあったんですがね・・・。(^ω^;))

そんなこんなで、新しいパソコンを買ったわけですが、父曰く・・・
「自分で店に行って、音が静かなのを自分で選ぶぞ! (`ε´)」
・・・と言ってきかなかったので、結局、お店に行ってパソコンを買うことに・・・。

スポンサーリンク

Windows Vista しか売ってない?

パソコンを買いに、何軒か家電量販店に行ってみたんですが、どこのお店も Vistaモデル しか売ってませんでした。そこで、「XPモデルは置いてないですか?」と訊いてみたんですが、「いやあ、もう、Vistaしか売ってないですねえ」とのこと。

そんなこんなで、結局、市販のメーカーの販売している Windows Vista 入りのパソコンを購入することになってしまいました。


Windows Vista のウィンドウ


上の写真は Windows Vista のパソコン画面の写真です。

Vistaでは、ウィンドウのタイトル部分が半透明に指定できるようになっているんですが、実はこれ、ほとんど意味がなかったです。
(別に、ウィンドウの半透明は必要ないので・・・)
そんなこんなで、結局、うちでは、クラシックタイプのウィンドウを指定して使っています。


Windows Vista の使い具合

新しく買ったパソコンはメモリーが3ギガあります。
ですので、本当であればメチャメチャ早いハズなんですが、実は、さほどパソコンの処理速度は速く感じないですw

というのも、Vista 自体が非常に重いOSなので、パソコンを起動するだけで負荷が大きくかかってしまい、結局、パソコンの優秀さを実感できなかったりするわけです。

しかも、ウィルスバスターも同時に常駐させているため、メモリーが3Gもあるにも関わらず、実に普通のパソコンなのであります。そのようなわけで、Vistaを使ってみて「XPの頃は良かったなあ・・・」と、改めて思う次第なのでありました。


Windows Vista のアイコン

Windows Vista アイコンは、XPよりもキレイです。
デザインも細かくてカッコイイ感じです。
まあ、アイコンなんてショボくていいんですけどね・・・。(^ω^;)


アプリケーションの互換性

一番心配していたのは、アプリケーションの互換性です。
今現在、父が使っている「エクセル、ワード、筆ぐるめ」などのデータを使えなくなってしまったら困ってしまうので、一応、店員さんに「互換性は大丈夫?」と聞いてみたわけです。

すると、「その辺りのソフトだったら大丈夫ですよ」とのこと。
そのようなわけで、早速、家で使ってみたら、確かに店員さんのいう通り、大丈夫でした。

・・・と言うのも、前のパソコンも新しく買うパソコンもFMVでしたので、新しく買うパソコンには前のパソコンとほとんど同じソフトウェアの最新版がインストールされていたからです。

もしこれが、アプリケーションが憑いておらず、古いアプリケーションを使用せねばならなかった場合は、ちょっとトラブルが起こってしまったかもです。
(それもあって、新しいパソコンもFMVを買ったんですが・・・)

ちなみに、古いルーターを使っているので、Vista に変えて大丈夫かと心配していたのですが、コチラの方も大丈夫でした。
多分、PCとルータをLANケーブルで直に接続していて、ルーターに接続するためのソフトウェアとかは使用してないからだと思いますので、ルーターからLANカードでノートパソコンなどに接続している場合は、ちょっと注意が必要なのかもしれないです。(^ω^;)


スポンサーリンク