【ガッチガチにしてやんよ】 XP と Vista のセキュリティ

Windows XP には、Home EditionProfessional があります。
この二つはセキュリティに大きな差があるようで、パソコンが壊れた時には、セキュリティの違いによって Professional で作ったデータを Home Edition で開けませんでした。
(詳しくは、【パソコンが壊れた?!】 データ救出大作戦 をご覧ください)

とまあ、このようなわけで、Home Edition は安いけれど Professional と比較するとセキュリティが緩いことがわかりました。一方、Windows Vista の方は、Business ではなく Home Premiun だったのですが、こちらの方はセキュリティ設定がXPの Professional 並に充実していました。

スポンサーリンク

セキュリティがガッチガチにかかっていますと、他人がパソコンに忍びこんでパソコンの中身を覗き見る事が難しくなります。

そこで私は、壊れた Windows XP Professional パソコンのHDD(ハードディスク)を外付けHDD化して読み込む時には、読み込もうとしているパソコンの Adoministorator でログインして、所有者を変更してから読み込みました。(さもなくば、Documents and Settings 以下のフォルダがアクセス拒否されてしまい、閲覧することすらできませんので・・・。(^_^;))

Windows Home Edition ではこのようなセキュリティ設定ができないですので、下手をすると外からファイルが丸見え&ファイルの編集と削除しまくり状態になってしまいます。

という訳で、そんなに重要なファイルを扱うわけでもなく、セキュリティよりかはOSの値段の安さの方が重要であれば、安くてセキュリティ設定の低めの Windows を、重要なファイルやデータを扱うのであれば、少々お値段は高くてもセキュリティ設定の高めのWindows をお選びになるとよろしいかと思います。


ちなみに、Windows XP では、Professional でしたが、Windows Vista ではそれがBusiness になっていますし、Home Edition が Home Premium と Home Basic に分かれました。
(家庭用の Windows が、セキュリティレベルによってより細かく選べるようになったようです )


Windows XP のバージョン
Home Edition セキュリティ 低
Professional セキュリティ 高
Windows Vista のバージョン
Business セキュリティ 高
Home Premium セキュリティ 中
Home Basic セキュリティ 低

スポンサーリンク