【足りないと】 パソコンの電力 【作動しない】

先日、某BTOパソコンを取り扱っている通販のパソコンショップで、将来 購入する予定のパソコンをカスタマイズしてシュミレーションしていたら(その通販のパソコンショップでは、WEBサイト上でシュミレーションできるので)、その中に、『電源』と言う項目がありました。

私はそれは初めて見る項目でしたので『?』だったのですが、400W600Wの2種類のW(ワット)数があり、W数が高い方が値段が高く設定されていました。

スポンサーリンク

普通に考えると、ワット数の高い方が優れていると思われるので、そのままワット数の高いパソコンを選ぼうかとも思ったんですが、部品の性能がよく分からないままですと気持ち悪いので、ちょっと調べてみる事にしました。


関連商品

パソコンに使われる電源部品


電圧が低いと、動作不良に陥る?

パソコン に供給されるの電力について調べてみると、どうやらパソコンが低いと、動作不良に陥ってしまう可能性があるんだそうで、電圧は低くなり過ぎないように、予め、余裕を持って電源を選ばねばならないようでした。

でも、余裕を持って電圧を選ぼうとは思うものの、今シュミレーションしている パソコン の電圧が足りているかなんて分からないですし、某BTOパソコンメーカーのWEBサイトを見ても必要な電圧がいくらか載っていませんでした。

そのようなわけで、何とかしてシュミレーション中のBTOパソコンに必要な電圧を調べる方法を探していたのですが、下のようなページを発見しました。
それは、『ASUS:電源用ワット数計算機』と言うページです。

下のキャプチャー画像のように、CPUやグラフィックボードの種類を選択すると、必要な電力の合計が表示されます。



これで、私のシュミレーション中のパソコンは、300W程度の電力が必要だという事が分かりました。 でも、パソコンに供給する電力はかなり余裕を持たせないとダメなようでしたので、400Wではなく、600Wの方にしました。
(電力を ドライヤー で例えますと、通常、髪をセットする時の電力が600W程度で、髪を乾かす時の電力が1000W〜1200W程度です)

ちなみに、通常は高性能の CPUグラフィックボード の方が電力を食いやすいようですので、高性能のCPUやグラフィックボードを パソコン に導入するときは、電力が足りるかどうかも考慮した方が良いようです。

また、大きな電力を消費する パソコン ですと、家庭用電源低いアンペアで契約していたり、一つのコンセントから多くの 家電製品 を接続し過ぎていると動作不良を起こす可能性もあるようですので、自宅で高性能のパソコンを動かす場合は、契約アンペア数や接続中の家電製品のことなども気を付けた方が良いようです。


スポンサーリンク