【重過ぎ】 処理速度の低下

起動するアプリケーションの大きさが、パソコンに内蔵されているメモリに対して大きすぎる場合、処理速度が低下します。

また、パソコンに内蔵されているメモリに対して、大きな画像データなどを作成・編集している場合も、処理速度が低下します。

これは、スワッピングという状態になっているからです。
スワッピングとは、メモリとハードディスクの間でデータを読み出したり書き込んだりすることです。

メモリとハードディスクの間でデータのやり取りがあるのですから、当然、処理速度は低下します。

スポンサーリンク

【読んだり】 スワッピングについて 【書いたり】

OSは、プログラムやデータをメモリに読み込んで、それを実行させています。
この時、プログラムやデータがあまりにも大きすぎると、大きすぎてメモリに収まりきれません。
そこで、OSはハードディスクの一部にメモリの代わりをするように命じます。

これが仮想メモリと呼ばれるものです。
(仮想メモリに使用する容量は指定することができます)

この仮想メモリからプログラムなどを実行しようとすると、ハードディスクとメモリの間にデータのやり取りが発生します。これがスワッピングの発生原因です。

スワッピングがたまに起こる程度ならさほど処理速度も低下しませんが、頻繁にスワッピングが起こるようですと処理速度が著しく低下します。
このような場合は、メモリの枚数を増やしてあげたり、より大容量のメモリに差し替えてあげるようにしましょう。(デスクトップ型のパソコンのほうがメモリの増設が簡単です)


スポンサーリンク