【インターネット用】 IPアドレスの種類 【社内用】

ネットワークには、社内やグループ内や家庭内だけでやり取りするものと、インターネットに接続して情報のやり取りできるものできるものの2種類があります。

そこで、インターネットに接続して世界中のネットワークとのやり取りできるIPアドレスをいくらでも発行しまくるのももったいないのですので、この2種類のアドレスは区別されています。

インターネットに接続して情報のやり取りできるもの = グローバルIPアドレス
社内やグループ内や家庭内だけでやり取りできるもの = プライベートIPアドレス

スポンサーリンク

プライベートIPアドレスでインターネットする為に

先ほども述べたように、プライベートIPアドレスは社内やグループ内や家庭内だけでやり取りする為のIPアドレスです。ですので、インターネットに接続して情報のやり取りしようと思えば、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換してあげなければなりません。
この時に必要なのが、「変換する仕組み」です。


変換名内容
NAT一つのプライベートIPアドレスを、一つのグローバルIPアドレスに変換するための仕組みです。
NATで変換する場合は、複数のパソコン(端末)を1つのIPアドレスで接続することができません。
IPマスカレード複数のプライベートIPアドレスを、一つのIPアドレスに変換できる仕組みです。IPマスカレードで変換する場合は、複数のパソコン(端末)を1つのIPアドレスで接続することができます。

このようなIPアドレスの割り当てを人間の手で行うと、大規模になればなるほど管理者の側の管理が大変になります。そこで、IPアドレスの割り当てを行うDHCPサーバーを使って、自動的にIPアドレスの割り当てを行うシステムがあります。

それがDHCPというシステムです。
このシステムは、IPアドレスを割り振ってほしいクライアントPCに、自動的にDHCPサーバーがIPアドレスの割り振りを行うシステムです。


スポンサーリンク