【人間用】 ドメイン名とIPアドレス

IPアドレスは、機械用のアドレスです。
まぁ、01で表す2進数よりも10進数に変換したほうが分かり良いに決まっているのですが、それでもやはり201,34,4,132などという数値は、人間には分かりにくいものです。

そこでIPアドレスを分かりやすくする為に、分かりやすい名前をつけて対応させることがあります。
それが「ドメイン名」です。

スポンサーリンク

ドメイン名の中身は、「組織・グループ・個人名」+「組織の種類」+「国」となっています。

例えば、「siodukenesan.co.jp」というというドメイン名の例で見てみると、
「siodukenesan」というのが会社名
「co」というのが企業(組織の種類)
「jp」というのが日本(国名)です。

このように、ドメインを持っている組織の種類や国名などの情報を含むIPアドレスを、簡単で分かりやすく表示されているのがドメイン名なのです。

この「ドメイン名」と「IPアドレス」の変換を行うための仕組みを「DNS(ドメインネームシステム)」と言います。(DNSサーバーがドメインとIPアドレスの変換を行います)


【こんなIDがある】 ドメイン名に使われるID一覧

ID内容
gogovernment
(政府)
cocompany
(会社組織)
nenetwork
(ネットワーク組織)
orその他
jpJapan
(日本)
frFrance
(フランス)
cnChina
(中国)
inIndian
(インド)
krKorea
(韓国)
ruRussia
(ロシア)
ukU.K
(イギリス)

スポンサーリンク