【バグ】 ソフト・OSの買い時について 【不具合】


OSソフトウェアは、買い時を間違えるとトラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

例えば、出たばかりのソフトウェアやOSには、取りきれなかったバグが含まれていることがありますし、思いもよらぬ動作不良がある場合もあります。

スポンサーリンク

【バグ】 ソフト・OSの買い時について 【不具合】

1. ソフトウェアやOSが出たばかり
致命的なバグや不具合が残っている可能性があります。
様子見が無難です。


2. 発売後数ヶ月後
明らかなバグがとれている可能性があります。
数多の人柱様のお陰で、致命的なエラーも治っている可能性があります。
通常、パッケージ販売されているソフトウェアやOSの場合は、アップデートが必要です。


3. 発売後1年以上経過
多分安定しています。
Windowsであれば、SP1が発売されてから購入すると無難です。
(SP1になっているのを確かめてから買うと良いです)


4. 次のバージョンが発売予定
そろそろ次のバージョンが発売されようとしている時は、サポート期間に注意が必要です。
サポート期間が切れると、セキュリティの穴がそのままになったりして、問題が起こる可能性があります。
(特にWindowsなどのOSCARは要注意)


5. 次のバージョンが発売開始&現場バージョンが販売終了間近
サポート期間が長い&OS(新OSも含む)との互換性があるなどの条件があれば買うのもありかもしれませんが、出来れば買わない方が無難かと思います。

OSはサポート期間内に次のOSはに乗り換えるのが決まっている時は、乗り換えるのもありかと思いますが、普通は買わない方が無難かと思います。
(PCに詳しい方で且つ、そのOSが必要な方は買うのもありかもです)


セキュリティソフトは2〜3ヶ月後以降が良い

通常、セキュリティソフト年単位の契約ですが、年末頃毎年バージョンUPするものが多いです。
その場合、年末頃に不具合やバグたっぷりの最新バージョンインストールしてしまうと、地雷原になることがありますので注意が必要です。

通常は、2月〜3月頃になると、だいぶと落ちついてきますので、それまで待ってからセキュリティソフトの購入&インストールをする方が無難かと思います。

セキュリティソフトのような年単位の契約のものは、買い時(乗り換え時)が難しくなるとは思うのですが、上手く乗りきれると快適さが変わってくるように思います。


関連商品

F - secure internet security(エフセキュア インターネットセキュリティ)

kaspersky (カスペルスキー)

Mcafee (マカフィー)

セキュリティソフト

KINGSOFT internet security(キングソフト インターネットセキュリティ)


ちなみに、ハードウェアパソコンも、バージョン仕様パーツ大変更された時は不具合が出やすくなりますので、こちらもある程度こなれてから(大変更されてから数ヶ月以上経ってから)購入したほうが無難かと思います。

このように、新しいパーツや機能、新ソフトやOSがなどは、PSやPC部品やシフトウェアやOSなどに詳しく新しいものに興味のある人柱様の方が、詳しくない方よりも無難に乗り切れるように思いますので(各種対処法や、メーカーのサポートセンターとの情報のやり取りなどをしないといけないため)、それらの新商品を購入される際は、そう言う面も合わせて考えられると無難かと思います。


スポンサーリンク