【アンインストールできない!】 iKernel.exeのエラー解決法

以前、自分で作った携帯電話用のサイトをチェックするために、携帯電話用サイトのシュミレーターを自分のパソコンにインストールしたのですが、そのシュミレーターが不要になったので、アンインストールすることにしました。

スポンサーリンク

すると、iKernel.exeのエラーが出て、アンインストールが出来ませんでした。

(゚Д゚)ハァ?

そこで、いつものようにGoogle検索で調べてみると、OKWaveのコミュニティページに書かれてあった iKernel.exeのエラー に関する質問とその答えを見つけました。

そのページには、いくつかの解決策が書いてあったので、その中から2つほど実践してみたのですが、上手くいきませんでした。(´+ω+`)


実践してみた解決策とその結果

+ TEMPディレクトリを空にする
→ 変化なし

+ c:\Program Files\Common Files\InstallShield\Engine を削除
→ エラーが出て、不要になったシュミレータが削除できない


とまあ、このようなわけで、Google検索でさらに解決法を調べてみました。
すると、Sun MicrosystemsJAVAカテゴリで、iKernel.exeのエラーについて書かれたページを見つけました。そこには、iKernel.exeのエラーが発生する原因が書かれてありました。


Sun Microsystems から引用

原因

iKernel.exe アプリケーションエラーは、次のような場合に発生します。

1. 旧バージョンの InstallShield エンジン (iKernel.exe) または \Program Files\Common Files\InstallShield\Engine フォルダにある一部のコンポーネントファイルが破損しているか、読み取り専用である。

2. 旧バージョンの InstallShield エンジン (iKernel.exe) または \Program Files\Common Files\InstallShield\Engine フォルダに残されている一部のコンポーネントファイルが、新バージョンのものと互換性がない。

3. Service Pack 1 および Windows XP Hotfix Q328310 を適用した Windows XP マシンに JRE をインストールしようとした。


要するに、iKernel.exeのエラーが発生してしまうのは、 InstallShield エンジンなどのバージョンが古いか、windows XP のバーションに原因があったようです。

ちなみに、その  Sun Microsystems のページには、解決法も書かれてありましたので、原因がハッキリしたところで、それも試してみました。
(まずは、オーソドックスに『一般的な解決策』から試してみました)


Sun Microsystems から引用

解決策
このエラーの解決策は、次のとおりです。
使用しているコンピュータに該当する方法を参照してください。

* 一般的な解決策
1. 古い InstallShield エンジンのフォルダの名前を変更するか、そのフォルダを削除する
2. InstallShield エンジンを更新する

* Hotfix Q328310 適用済み Windows XP の解決策
3. Windows XP Hotfix Q328310 用のパッチを適用する
4. Windows XP Hotfix Q328310 を一時的にアンインストールする


↑の解決策を試してみた後、再度、先のソフトウェアをアンインストールしてみたところ、見事、そのソフトウェアのアンインストールに成功しました。(;´。`).。oO(ホッ)

このようなことから、うちのパソコンの場合、 InstallShield エンジン のバージョンが古かったのでエラーが発生していたのだと判明しました。
(このエラーをwindowsの方で自動修復とかしてくれたらいいのになあ (´・ω・`))


スポンサーリンク