フレッツ・光プレミアム 契約体験談

先日、 フレッツ光の営業の方がうちに来られました。
その時に・・・

「この地域は光回線を通すことができるようになりました」
「工事代金を割引しますからいかがですか?」

・・・と言われたので、早速、光回線についての説明を受けることにしました。

スポンサーリンク

んでもって、数日後再び、NTT西日本の人が来られたわけですが、その方は犬が怖いために部屋に入ることが出来ず、玄関で話をしました。
その時には、以下のことを聞かれました。


NTT西日本の人に聞かれたこと

  • 現在のインターネットの接続状況
    (プロバイダ名や回線の種類など)
  • テレビ回線についての状況
    (ケーブルTV・光TVの契約の有無)
  • パソコンの台数とそれらの設置場所とそれらのインターネット接続状況
  • 接続機器
    (有線か無線か、ルーターは使用しているか、光回線に対応しているか)
  • 使用中のOS
  • 電話とパソコンの設置場所

そのNTT西日本の人は、これらのことを聞いてメモしていました。
そして、多分うちは大丈夫そうだと言うお話になりました。

その次は、プロバイダーの説明でした。
10種類くらいのプロバイダーから最も良いものを選ぶように言われましたので、キャンペーン期間終了後に最安値になるプロバイダーExciteアサヒネットの二つから選ぶことにしました。

料金は一緒っぽかったですし、サービスもほぼ一緒だったのですが、この二つの中でも、Exciteは私もよく知っているプロバイダーでしたので、Exiciteにすることにしました。


ちなみに、インターネット設定サービスや、無料期間や付属のサービスなどによってプロバイダーの料金には大きな差がありました。
私はインターネットやパソコンの基礎知識がありましたので、それらのサービスのない安いプロバイダーを選びましたが、それらのサービスがないと設定も接続もよく分からない場合は、そう言うサービスのあるプロバイダーの方が無難かもです。


とまあ、そんなこんなで最後に料金の話になりました。
4,000円ほど払えば、電話番号のポータビリティ制度を利用して、光回線への変更後も元の電話番号を利用することができましたので、工事費用に4,000円ほど上乗せされてしまいましたが、電話番号のポータビリティ制度を利用することにしました。
でも、工事費用自体がかなりの格安でしたので、最終的に かなり安上がりに済みました。

月間の料金の総額は、プロバイダーとの契約料や光回線用のレンタル機器や電話基本料込みで月間約6,500円料金がかかることを了解し、契約をしました。
(キャンペーン期間終了後の料金)

でも実は、そんなに負担は増えていません
と言うのも、以下のようなことになっているからです。


【NTT西日本のフレッツ光プレミアム (うちの家の場合)】
※ 100円未満は四捨五入してます。

プロバイダー込み料金  約 6,000円
(一年間のキャンペーン中は約4,600円)
光電話約  500円

合計 約 6,500円


YAHOO BB 8M (うちの家の場合)

※ 100円未満は四捨五入してます。
ADSL機器のレンタル料+契約料  約 3,400円
電話基本料金  約 1,700円

合計 約 5,100円


うちの場合、インターネットは仕事にも利用していますから、月に約1,400円〜1,500円程度の上昇は全然OKですし、そもそも、 NTT西日本のフレッツ光(プレミアム)で契約できるプロバイダーのExciteには一年間のキャンペーン期間が設けてありましたので、その間はYAHOO BB 8M との料金がほぼ一緒だったりしました。
※ 2年間の使用で、実質的に月額800円程度の値上げになります。

というわけで、料金的にもパソコンの接続環境的にも大丈夫だと確認できましたので、早速契約してしまうことにしました。


ちなみに、これらの割引料金は、2年以上継続して使うことが条件でしたが、2年以上は余裕で使うと思いましたので、こちらも了解の上で契約しました。
※ 引っ越す予定のある方や転勤の可能性のある方は、この契約を遵守できない可能性がありますので、一度、NTTの方にご確認にされた方がよいかもです。


次ページ
フレッツ光のプロバイダー選び 体験談


スポンサーリンク