【利用料が安くなる?】フレッツ光の謎の勧誘電話と転用承認番号

2016年某日、実家に謎の勧誘電話がかかってきました。
その謎の勧誘電話とは、『 フレッツ光の利用料金が安くなる 』 と言うものです。

仕組みはこんな感じ。
フレッツ光とではなく、フレッツ光とコラボした会社と契約することで、月々の光回線の利用料に割引が効いて安くなると言うものです。

で、それには 『 転用承認番号 』 と言うものが必要で、なければ取得して転用承認番号を教えてくれ、そうすればこちらで契約手続きするのでと言う話だったようです。
(上手く説明できない母の話をずっと聞き続けた上で、私の調べた情報と合わせた結果)

スポンサーリンク

転用承認番号とは

転用承認番号とは、フレッツ光とコラボした会社(光コラボレーション事業者)が回線の使用をする上で必要な番号です。


光コラボレーション、転用とは


これがないと、光コラボレーションは利用できません。
転用承認番号がない場合は、フレッツ光に申請して、転用承認番号を取得する必要があります。


勧誘電話その後

母の電話では、母はその事業者からフレッツ光の利用料月額7,500円から6,500円になると聞かされたらしいです。

でも、うちはもっともっと割をやっているので、更に安い月額 5,500円程度。
しかも、フレッツTV、光電話、光ネット接続込みでこの値段です。
Exciteを加えても、月額6,000円程度で利用できます。

ですので、そのコラボ業者を利用するよりも遥かに安い金額で利用できていると言うわけです。

実家のインターネット回線の契約者は父ですが、父はこう言う難しいことがあまり分からないので、全部私に丸投げしているのですが、そのせいで、父は月々の利用料金や、現在フレッツ光で何の割引が適用されているのかや、利用中のプロバイダは何なのかなどの情報が一切わからずにいます。

そこに持ってきてこの光コラボの勧誘電話です。
頭のなかが 『 ??? 』 で埋め尽くされてしまい、うちに電話をかけてきたと言うわけです。

実家から電話がかかってきた後、フレッツ光の公式ページなどを調べてみたのですが、アナウンスは何もありませんでした。

そこで、連絡先として聞き出した電話番号で検索すると、うちの他にも同様の電話が複数件かかってきているようでした。

そのようなわけで、再度実家に電話し、その業者の勧誘は断るよう知らせました。


意外と多いインターネット接続業者の勧誘トラブル

国民生活センターによると、インターネット接続業者から勧誘電話がかかってきてトラブルになる事例が増えているそうです。


よく分からないまま契約していませんか?インターネット、携帯電話等の電気通信サービスに関する勧誘トラブルにご注意!


「 安くなりますよー 」「 お得ですよー 」などの勧誘電話をかけることで、電話先の相手にインターネット契約をさせる、その後、トラブルが発生して問題に・・・と言うケースが多いようです。

どこかから何かしらの理由で、こう言う業者に自宅の電話番号が入手されてしまっている場合、こう言う電話がかかってきてしまうため、注意が必要です。


次ページ
まだこれから

前ページ
【運命の日】 ついにExciteのコース変更を決行した


スポンサーリンク