【赤目補正】 自動補正機能 【コントラスト】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。(犬以外)
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


Photoshop には、自動補正機能がついています。自動補正機能を使えば、自分で補正せずとも自動的にPhotoshop が写真や画像を補正してくれます。

でも、実は私はこの機能を使ったことはほどんどありません。
昔、試しにやってみたら、コントラストが強すぎたり色が濃すぎたり黒っぽくなりすぎたりで、今ひとつ好きな感じにならなかったからです。

スポンサーリンク

でもまあ、何もしないというのもあれなんで、ちょっと試してみることにしました。
すると・・・



自動シャープ補正がなかなかヤバ気な感じです。
あと、自動カラー補正が腐った感じの色になってしまいました。(^^;

自動コントラスト補正と自動レベル補正はそこそこGoodでした。
他の画像でもちょっと試してみたのですが、補正の効果がヤバくなったり良くなったりは、写真によって変わってくるようです。


ちなみに、昔はフラッシュをたいてデジカメ撮影していたりもしたんですが、近年ではフラッシュをたかずにデジカメ撮影したりしていますので、赤目補正も不要になって使っておりません。(^^;

でも、何もしないというのもあれなんで、これも、一応試しにうちの犬の(爆裂していた子犬の頃の)赤目の写真で試してみることにしました。
すると・・・



・・・・・・。 (´・ω・`)

全然変わっていません。
だもんで、別の写真でリトライ。



でもやっぱり変わらないと。
犬は赤目の適応外なんですかね。
それとも、赤目部分がピンク色をしているのがよくないのか・・・。

という訳で、私はあんまり使ってないんですが、補正のためのあれこれやるのが面倒な方は、補正機能を使ってちゃっちゃと写真補正するのもありかもです。


スポンサーリンク