明度を変更する方法

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。


Photoshop では、普通に明度を変えるだけでなく、各明るさ毎に明度の変更が出来ます。
例えば、レベル補正の調整レイヤーでは、明るさ別(暗・中・明)に明度を設定できますし、最も暗い部分の暗さも、最も明るい部分の明るさも調節できます。

スポンサーリンク

これにより、周りの暗さを損ねることなく、明るい部分の明るさだけを変更したり、明るい部分の明るさは変更せずに、暗い部分の暗さだけを変更することが出来ます。


Photoshop のレベル補正の調整レイヤーで明度を変更する方法

1. レベル補正の新規調整レイヤーを開く
(メニューバー ⇒ レイヤー ⇒ 新規調整レイヤー ⇒ レベル補正 )
2. 暗・中間・明から変更したい明るさを選び、つまみを左右に動かす
(数値入力もできます)
3. OKボタンを押す



作った調整レイヤーを変更しなおす時は、レイヤーウインドウを開いて調整レイヤーをダブルクリックしたら、調整レイヤーのウインドウが開きますので、もう一度設定しなおせます。



また、新規調整レイヤーのレベル補正を使用すれば元画像はそのままですので、次にそのファイルを開いた時に容易に明度の変更をやり直すことが出来ます。

明るさや暗さを変更して明るい場所や暗い場所が潰れてしまったことに後から気がついた場合、その画像のコピーをとっていなければ、その画像ファイルから明暗が潰れる前の画像に戻すことは困難ですので、調整レイヤーによる明度の変更が出来ると言うのは大変ありがたかったりします。

尚、カラーバリエーションの変更でも、暗・中・明の各明るさ別に明度の変更はできますが、カラーバリエーションの場合は元画像を直に弄りますので、レイヤーを複製するなどしてコピーをとっておかれると無難かと思います。(レイヤーのコピーの仕方は、『 レイヤーウインドウ ⇒ コピーしたいレイヤーの上で右クリック ⇒ レイヤーの複製を選択 』です)



カラーバリエーションで明度を変更する方法

1. カラーバリエーションを開く
(メニューバー ⇒ 画質調整 ⇒ カラー ⇒ カラーバリエーション )
2. 変更したい明るさ(明・中・暗) を指定する
3. 変更する強さを指定する
4. 明るくする場合は『明るく』を、暗くする場合は『暗く』のサムネールをクリックする
3. OKボタンを押す



ちなみに、部分的に明度を変更したい時は、選択範囲を指定してから明度の変更をすれば、部分的な明るさの変更ができます。

ただし、大幅に明るさを変更してしまいますと、周囲との境目が目立ってしまったり、違和感を生じてしまう可能性もありますので、ご注意ください。
選択範囲を指定する方法につきまして詳しくは、選択範囲を指定する方法ページをご覧下さい。


スポンサーリンク