【赤⇒青】 色相を変更する 【青⇒黄】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


Photoshop では、色(色相)を変えることが出来ます。
ですので、黄色がかった感じの写真を、赤みがかった感じの写真にしたりもできます。

スポンサーリンク

Photoshop で色相を変更する方法 その1

1. 新規調整レイヤーの色相彩度を選択する
(メニューバー ⇒ レイヤー ⇒ 新規調整レイヤー ⇒ 色相彩度 )
2. 色相のつまみを動かす
(数値入力することもできます)
3. OKボタンを押す



作った調整レイヤーを変更しなおす時は、レイヤーウインドウを開いて調整レイヤーをダブルクリックしたら、調整レイヤーのウインドウが開きますので、もう一度設定しなおせます。


Photoshop で色相を変更する方法 その2

1. レベル補正の新規調整レイヤーを開く
(メニューバー ⇒ レイヤー ⇒ 新規調整レイヤー ⇒ レベル補正 )
2. 変更したい R・G・B を選択する
3. 暗・中間・明から変更したい明るさを選び、つまみを左右に動かす
(数値入力もできます)
4. OKボタンを押す


作った調整レイヤーを変更しなおす時は、レイヤーウインドウを開いて調整レイヤーをダブルクリックしたら、調整レイヤーのウインドウが開きますので、もう一度設定しなおせます。



Photoshop で色相を変更する方法 その3

1. カラーバリエーションを開く
(メニューバー ⇒ 画質調整 ⇒ カラー ⇒ カラーバリエーション )
2. 暗・中間・明 X 赤・青・緑 の中から加えたい色(削りたい色)を決め、クリックする
3. OKボタンを押す



色相を変更する際の注意点

色相の変更は以下の点で注意が必要です。


1. あまりに色を変化させすぎると、色のグラデーションが潰れてしまう可能性がある
2. 彩度は変更しなくても、色相を変更すると色が強くなったり弱くなったりしてしまうことがある
(色相の変更で色が強くなったり弱くなったりしてしまったら、彩度も一緒に変更する)
3. 一部だけに色相を変更する時は、選択範囲を指定してから色相を変更する


一部だけ色相を変更する方法

ですので、一部だけ色相を変更するには、色相を変更したい部分だけを選択して(選択範囲を指定して)色相を変更してあげるとよいです。
選択範囲を指定する方法につきましては、選択範囲を指定する方法ページをご覧下さい。



スポンサーリンク