シャープをかける方法

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


デジカメ で写真を撮影すると、ボケてしまうことがあります。
また、ブログやWEBサイトに写真を載せるために、デジカメで撮った大きな写真を縮小したらボケてしまうこともあります。

スポンサーリンク

そんなときに便利なのが Photoshopシャープ機能です。
シャープ機能を使いますと、ボケた写真をくっきりと加工してくれます。



シャープのかけ方は2種類あります。
一つ目シャープツールを使う方法です。
局所的にシャープにしたい場合は、シャープツールが便利です。



シャープツールは、ペイントツールのようにドラッグした部分をシャープにしてくれるツールです。
シャープツールを使いますと、シャープツール(ブラシ)でなぞったところがシャープになります。

シャープツールの強さの変更は、ツールバーのシャープツールを選択した後、メニューバーの下にシャープツールの設定が表示されますので、そちらの設定の『 強さ 』の項目を変更すればOKです。


二つ目は、画像を全体的にシャープにするための機能(シャープを調整)です。
(メニューバー ⇒ 画質を調整 ⇒ シャープを調整)
シャープを調整ウインドウが開くと、かける予定のシャープ具合をコントロールできます。



シャープツールを使う際の注意点

1. やり過ぎない

シャープを強くしすぎると、画像や写真がガサガサになってしまいますので、やりすぎには注意です。
(シャープは元画像を直に弄りますから、念のため、コピーをとっておくと無難です)



2. 変形を終えてからシャープをかける

シャープをかけた後で変形するとボケてしまいますので、変形してからシャープをかけた方が良いです。


3. 画像解像度の変更を終えてからシャープをかける

シャープをかけたあとで画像解像度を変更するとボケてしまいますので、画像解像度の変更をしてからシャープをかけたほうが良いです。


ちなみに、選択範囲を指定してからシャープをかけると選択範囲内だけシャープをかけることができますので、、所定の範囲内だけシャープをかけたい場合は、選択範囲を指定してからシャープをかけるとよいです。( 選択範囲を指定する方法につきましては、選択範囲を指定する方法ページをご覧下さい)


スポンサーリンク