【明るく】 肌の色を変える方法 【暗く】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


Photoshop を使用すれば、お肌の色明るさを変えることが出来ます。


明るくする場合

お肌を明るくする場合には、 Photoshopレベル補正をが便利です。
明るさとコントラストやカラーバリエーションや通常のレベル補正でも良いのですが、それですと、やり直しがきき辛いですので、レベル補正の調整レイヤーが一番楽なのではないかと思います。



. お肌の含まれているレイヤーを選択する
. メニューバー ⇒ レイヤー ⇒ 新規調整レイヤー ⇒ レベル補正で、新規調整レイヤーを開く
. レベル補正の調整レイヤーの真ん中のつまみを左に動かすか数値を上げる



備考

レベル補正の調整レイヤーを再度変更する場合は、レイヤーウインドウレベル補正の調整レイヤーをダブルクリックしたら変更できます。

あと、お肌だけを明るくしたいのであれば、レベルの調整レイヤーはお肌の部分だけを白くしてその他は黒くしてあげるとよいかと思います。
(レベル補正の調整レイヤーは白い部分だけに適用されるので)
(参考:選択範囲を指定する方法



暗くする場合

お肌を暗くする場合は、明るくする場合と同様にレベル補正を利用します。



. お肌の含まれているレイヤーを選択する
. メニューバー ⇒ レイヤー ⇒ 新規調整レイヤー ⇒ レベル補正で、新規調整レイヤーを開く
. レベル補正の調整レイヤーの真ん中のつまみを右に動かすか数値を下げる



備考

この方法でお肌を暗くした場合は、お肌が老化したように見えたり目の白い部分や髪や歯まで全部暗くなってしまいますので、お肌だけを暗くしたいのであれば、レベルの調整レイヤーはお肌の部分だけを白くしてその他は黒くしてあげるとよいかと思います。
(レベル補正の調整レイヤーは白い部分だけに適用されるので)
(参考:選択範囲を指定する方法

スポンサーリンク

お肌の色味を変える場合

お肌の色味を変える場合には、色相・彩度の調整レイヤーを使用します。
これにより、お肌の色が赤っぽくなったり黄色っぽくなったりします。



. お肌の含まれているレイヤーを選択する
. メニューバー ⇒ レイヤー ⇒ 新規調整レイヤー ⇒ 色相・彩度で、新規調整レイヤーを開く
. 色相のつまみを左右に動かすか数値を上下させる



この方法でお肌の色味を変更した場合は、お肌以外の場所の色味も変更されてしまいますので、お肌の色味だけを変更したいのであれば、色相・彩度の調整レイヤーはお肌の部分だけを白くしてその他は黒くしてあげるとよいかと思います。
(色相・彩度の調整レイヤーは白い部分だけに適用されるので)
(参考:選択範囲を指定する方法



ちなみに、お肌の色や明るさを大きく変えてしまいますと、明暗が潰れてカピカピの写真になってしまいますのでご注意ください。
あと、色味も大きく変えてしまいますと、繊細なグラデーションなどの情報が失われてしまう可能性がありますので、こちらもご注意ください。


スポンサーリンク