ぼかしを入れる方法

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


通常、写真ぼかしを入れることは少ないです。
ただ、顔や建物やロゴマークなど、WEBサイトやブログでは公開してはいけないものを隠してから公開する必要がある場合は、 Photoshopぼかし機能が便利です。
そこで、一部だけぼかしをいれる方法を書いてみようと思います。

ぼかしを入れるには、二つの方法があります。
一つ目は、ぼかしツールを使う方法です。



これを使いますと、ペイントツールを使うようにして簡単にぼかしを入れることができます。
(ぼかしツールの強さは、ぼかしツールを選択後、メニューバーの下にぼかしツールの設定項目が表示されますので、そちらから設定することができます)

スポンサーリンク

二つ目は、ぼかし機能を使う方法です。
この機能は、選択範囲内を(選択範囲を指定していない場合は全体を)ぼかす機能です。
この機能を使えば、広範囲で正確にぼかしを入れることが可能です。



1. レイヤーウインドウでぼかしを入れるレイヤーを指定する
(背景レイヤーにぼかしを入れる場合は背景レイヤーを選択します)
2. 選択範囲を指定する
(選択範囲を指定する方法につきましては、選択範囲を指定する方法ページをご覧下さい。)
3. ぼかし機能ウインドウを開く
( メニューバー ⇒ フィルタ ⇒ ぼかし ⇒ ぼかし(ガウス) を選択する )
4. ぼかし具合を指定する
5. OKボタンを押す




通常、ぼかしを入れる場合には普通のボヤーとしたぼかしを入れますが、移動回転などのぼかし機能を使えば、面白い効果を入れることができます。
下の画像は、同じ文字レイヤー(ラスタライズ済み)を4つ用意し、下のほうのレイヤーにぼかし(移動)を加えたものです。(元画像:1枚 縦移動:2枚 横移動:1枚)



スポンサーリンク