【モニター選び】 ディスプレイについて

パソコンが処理した情報を見たり、パソコンに命令を与えるためには、モニター(ディスプレイ)が不可欠です。

最近では安くて薄型のモニターもたくさん出回っておりますので、ご予算に合わせた最適のモニターをご購入されると宜しいかと思います。

この時、お店で実際にモニターを見て購入できればそれに越したことはないとは思いますが、ネットで安くでモニターを買いたいと思われた場合は、表示されている情報を元にモニターを買わないといけません。

スポンサーリンク

【色々ある】 ディスプレーの種類について

モニターには何種類かあります。
その特徴を踏まえてどの種類のモニターが最適かをご判断下さい。

モニターモニターの内容
CTRモニター
  • ブラウン管のモニター
  • 奥行きの幅が広く場所をとる
  • 画像が鮮明
液晶モニター
  • CTRディスプレイに比べると、画像がぼけぎみ
  • 奥行きが薄く、省スペース
  • 省電力
  • スポーツなどの動きの早い画像には不向き
プラズマモニター
  • 画像が鮮明
  • 奥行きが薄く、省スペース
  • スポーツなどの動きの早い画像に向いている
有機ELモニター
(携帯電話などに利用)
  • 奥行きが薄く、省スペース
  • 耐久年数が短い
  • 省電力

現在、省スペースで省電力の液晶モニターが主流になっています。
昔は、液晶モニターは大変な高嶺の花でしたが、最近では安価な液晶モニターが多数販売されています。

ただし、液晶モニターの見え方はメーカーによってもマチマチですし、モニターの機種によっても様々ですので、液晶モニターだからこの位の画質であろうという思い込みだけで、液晶モニターのご購入をされるのはご注意されたほうが宜しいかと思います。

ところで、昔の液晶モニターと言えば、斜めから見ると見えない(見えずらい)という欠点がありましたが、最近のモニターは、斜めから見ても充分にキレイに見ることのできる液晶モニターが多数販売されるようになりましたので、パソコンだけではなく、パソコン用の液晶モニターでDVD鑑賞もされる方などは、斜めから見てもしっかりと見ることのできるモニターがお勧めです。


スポンサーリンク