【バッティング】 セキュリティーソフトとアプリケーション

セキュリティーソフトは常駐プログラムです。
常駐プログラムとは、PCを起動している間は、常に動き続けているプログラムです。

ADSLや光ファイバーでPCを起動させてネット接続している間は、常に起動していなければいつ何時ハッキングやウィルスの脅威に晒されるかわからないので、常駐プログラムとしてPCを起動させている間中、働き続けている・・・というわけです。

しかしながら、ココで少々問題が起こってきます。それは、アプリケーションによってはセキュリティーソフトとバッティングしてしまい、動作不良を起こすケースがあるということです。

スポンサーリンク

常に働かせっぱなしですので、アプリケーションの中にセキュリティーソフトの動作不良を引き起こすようなプログラムが入っている場合、アプリケーションを立ち上げるたびに動作不良が起こってしまったり、常駐プログラムにバッティングしているのであれば、常に動作不良を起こしてしまう・・・というわけです。

私は有料のセキュリティーソフトを使っていますが、その理由の一つが、ソフトウェアのプログラム同士のバッティングが起こった場合の対処法を考えてもらうため・・・ということです。

私も経験があるのですが、ウィルスソフトとアプリケーションのプログラム(その当時は、アンインストール後に残っていたアプリケーションのデータのかけらが、ウィルスソフトとバッティングしてしまい、動作不良を起こしていたのですが・・・)がバッティングしていた際に、セキュリティーソフトの制作会社に問い合わせをして、解決することが出来ました。

問い合わせ後の対応は、結構早かったです。
どのような動作不良が起こっているかを調べるための方法や対処法を、先方の会社から教えてもらえましたので、その通りに行いました。


【ウィルスソフト】 もしバッティングを起こしたら?

もし、アプリケーションとウィルスソフトがバッティングを起こしているようであれば、私ならセキュリティー会社に連絡し、対処法を聞きます。専門的な知識をお持ちの方に担当していただけるので、「本当にバッティングをしているかどうか?」「何に対してバッティングしているのか?」「対処法は何なのか?」を正確に教えてもらえるからです。

特に、自己判断で適当に処理してしまった場合、貴重なデータが失われてしまったり、しなくても良い手間がかかったり、間違った判断を下してしまう場合があり、後々問題になるように思いますので、私はそのように対処しています。
(対処法は人それぞれかと思いますので、対処法につきましては、ご自由にお考え下さい)


スポンサーリンク