Nortonのゴミファイルを削除する方法

私が以前買った パソコン には、試用版のNorton(ノートン)と言う セキュリティソフト がインストールされていましたが、私が実際に使うセキュリティソフトは Mcafee でしたので、そのお試し版のNortonをアンインストールしました。

でもその後、私はとある事に気が付きました。
それは、 パソコン の動作を軽くするために、システムユーティリティを起動させて(「ファイル名を指定して実行」 → 「mfconfig」)、「サービス」の項目を見ていた時の事です。

スポンサーリンク

何と、その「サービス」の項目の項目には、消したはずの Norton(ノートン) がいるのです。

え? ( ゚д゚ )

そこで再度コントロールパネルプログラムの追加と削除を見てみると、やっぱり Norton(ノートン) の姿はありません。
そこで、このNortonを完全に消す方法を調べてみることにしました。

Nortonのゴミデータを削除する方法

調べてみると、どうやらこの症状が出ているのは私だけではないようで、中には、 製品版のNorton(ノートン) をインストールしたいのに、お試し版のNortonをアンインストールしたばっかりに、製品版のNortonをインストールできないと言う方までおられました。

「むぅ、これはもう、再インストールせんとダメかもしれんね・・・(´A`)」と思ったその時、私は、シマンテック社のWEBサイトでNortonのアンインストール後に出るゴミデータを削除するツールを発見しました。

そこで そのツールをダウンロードして、早速、そのツールを使ってみることにしました。
すると そのツールは、消すわ消すわ、何でこんなにゴミファイルが入ってたの?!って言うぐらい、ファイルをジャンジャカ消し始めました。

その後、再び「システムユーティリティ」を起動させて「サービス」の項目を確認すると、見事、Nortonは消えていたのでした。

という訳で、Nortonのアンインストール後のゴミファイルにお困りの方は、一度、このゴミファイル削除ツールをご利用になられてみてもよいかもです。



ちなみに、先ほどのサラッと触れましたが、Norton(ノートン)のお試し板をアンインストールした後に、Norton(ノートン)の製品版をインストールしようとしたら、Nortonのお試し版のレジストリ情報が残っていて消せない場合も、このゴミデータ削除ツールでNortonのアンインストール後のゴミデータを消してやると、製品版のインストールができるケースもあるようです。


スポンサーリンク