【混沌】 会員登録情報を整理してみた 【ID忘れた】

メインで利用していたメールアドレス迷惑メールが届くようになってしまったので、思い切ってメールアドレスを変更する事にしたのですが、そのメールアドレスの変更は思った以上に大変な作業となりました。
その理由は以下の通りです。


メールアドレスの変更作業が大変になってしまった理由

@ 会員登録しまくったため
多数のネット通販やサービスを利用し、その都度会員情報を登録していったため(メールアドレスの登録を含む)、登録したメールアドレスを変更すると、会員情報の多くを変更しなければならなくなりました。

※ ネット通販やネット上のサービスを利用する時には、ほとんどの場合、メールアドレスを記入するよう求められますので、利用するサイトやサービスが増えるに連れて、メールアドレスの変更手続きを行わなければならなくなる件数も増えてしまいました。

スポンサーリンク

A 使わないのに会員情報だけ残ってしまっていたため
私の場合、もうすでに利用していないサイトやサービスがあっても、それらを消す機会がなかったため、会員登録情報が蓄積していってしまいました。(正確に申し上げますと、「消す機会がなかった」と言うより、「ズボラな性格が祟り、ついつい放置してしまった」わけですが・・・。orz)

その後も放置しながら新規でネットサービスや通販サイトを利用し続けていると、まるで秋の落ち葉のように会員登録済みのサイトは積み重なっていき、仕舞いには、対処するのに困るまで会員登録済みのサイトが増えてしまいました。


B 複数のメールで作業量大幅UP
私は複数のメールを使っているのですが、それが会員情報の変更の際に、作業量を増やしてしまうことに繋がりました。

と言うのも、実際に会員登録情報ページを見てみないと、どのメールアドレスで会員登録したのか分からないサイトがいくつもあったからです。(愚かなことに、どのサイトでどのメールアドレスを利用したのかを記録してなかったんですねえ・・・)


C サイトの消失・運営会社の変更・登録情報の削除などで混乱度UP
会員登録をしたサイトの中には、サイトが消失してしまっていたり、運営会社が変わってしまっていたり、会員情報が抹消されてしまっていたサイトがありました。

サイトが消失してしまっている場合、移転先のサイトがあるかどうかを確認なければならないですし、運営会社が変更されていた場合には、通常、移転のための手続きなどの「手間」がかかりますし、登録情報の削除が行われていた場合には、本当に削除されているのかを確認しなければならなかったため、混乱度がUPしてしまいました。


D IDやパスワードを紛失したため、会員情報の閲覧が出来ない
長期間利用していないと、IDやパスワードを紛失してしまうことがあります。
通常、パスワードくらいであれば再発行してもらえるのですが、IDを紛失してしまうと、再発行が困難になってしまうこともありました。

実際に、私もIDとパスワードを2件ほど完全に紛失してしまったのですが、会員情報の閲覧自体ができなくなってしまい、余計な手間がかかってしまいました。


登録情報の変更は終了したものの・・・

とまあ、長年に渡って放置し続けてきた不精さが祟り、このような幾多の苦難が起こってしまったわけですが、無事、80件ほどの登録情報を更新できました。
うち30件ほどは利用を停止し、5件ほどはサイト事態が消滅してしまっておりました。

ちなみに、このズボラさが招いた困難の中から、私はいくつかの教訓を得られましたので、ちょっと書き出してみたいと思います。


※ あくまでも私の教訓です、間違ってたらゴメンです。
この教訓を実践して問題が発生しても、管理人は責任を取れないです。
(自己責任でよろしくでつ)


1、メールアドレスとサイトの一覧表を作るべし
利用するサービスや通販サイトが多く、尚且つ、メールアドレスを複数個利用している場合は、エクセルやテキストデータでメールアドレスと利用するサイトの一覧表を作っておくと、後々メールアドレスを変更する際に便利かと思います。

2、数年に一度しか使わなさそうなサイトの会員登録は、一旦削除すべし
「今後はほんど使わない」とか、「もしかすると数年後に使うかな?」と言う程度のサイトの場合は、一旦会員情報を削除しておいて、必要な時に再登録しなおす方が問題が発生しにくく、手間がかかりにくくなるかと思います。
(証券会社やFXやネット銀行などの会員情報は除く)

3、IDやパスワードはキッチリと管理すべし
IDやパスワードを忘れないようにキッチリと管理しておかないと、会員情報を更新したり再びそのサービスを使う時などに、余分な手間がかかってしまいます。


スポンサーリンク