【無料と有料】 フリーウェアとシェアウェア

インターネットは、個人が情報を発信できる便利なシステムです。
ですので、一昔前ですと、企業だけが発売できていたソフトウェアも、個人が販売できるようになりました。

これがシェアウェア(プログラマさん個人が開発した有料のプログラム)です。
シェアウェアのなかには、ソフトウェア開発会社が販売するソフトウェアと違って、ちょっとした便利ツールみたなものも多数あります。

スポンサーリンク

ところで、有料のシェアウェアのソフトとは別に、まったくの無料で公開されているソフトウェアもあります。
それが、フリーウェア(プログラマさん個人が開発した無料のプログラム)と呼ばれるソフトです。

フリーウェアですと無料で使用できるのですが、「これは???」というソフトウェアも若干含まれていることがありますので、少々注意が必要だったりします。


フリーウェアのソフトをダウンロードする際の注意点

アングラ系やアダルト系のWebサイトなどでフリーウェアのソフトを見かけたら、ウィルスや悪質なスパイウェアに感染してしまう可能性もありますので、充分に注意しましょう。


ベクター(Vector)でフリーウェア&シェアウェアをGETしよう!


また、動作保障をしていないフリーウェアのソフトをインストールする場合も、充分にお気をつけ下さい。
動作保障をしていないフリーウェアのソフトには、ご利用にあたっての注意事項などで明記されていることが多いですので、しっかりとそのあたりについて確認することが大切です。

さらに、インストールやアンインストールについての情報を事前に調べておくことも大切です。
特にアンインストールの場合は、アンインストール後に消せなかったファイルやフォルダが発生することがありますが、そういった場合は、アンインストールの手順などに指示に従って、手動で削除して下さい。


スポンサーリンク