【HDD】 ブルースクリーンの原因を調べる方法 【OS】


ブルースクリーンが出たらビクッとしてしまいます。
と言うのも、全部英語で書かれてあるので何がなんだかよくわからない上に(大したことは書かれてないですが)、強制的に電源を切らないと終了できなくなってしまう上に、出始めたら繰り返し出るようになる上に、いつ出るかがよくわからないからです。

スポンサーリンク

ブルースクリーンが出てしまう原因

ブルースクリーンが出てしまう原因には、以下のようなものがあります。


1.ハードウェア
使用中のパソコンの部品が壊れた時に出ます。


2.ソフトウェア
ソフトの中にブルースクリーンを発生させるものがある時に出ます。
ソフトウェアが原因のブルースクリーンには、さらに2通りの原因があります。


 @ プログラムそのものが悪さをしてブルースクリーンが出る
 A 何らかの原因でプログラムが壊れた
 B 最新のバージョンでないためにブルースクリーンが出た


ソフトウェアが壊れたり悪さすることでブルースクリーンが出てしまった場合、以下のソフトウェアが壊れたり悪さしていることが考えられます。


1. パソコン部品やパソコンの付属機器などのドライバ
2. アプリケーション(セキュリティ対策ソフトを含む)
3. Windows(OS)


いずれのソフトウェアも、使用中に壊れることがあります。
コンピューターウィルスによるものも含む)


という訳で、ハードウェアに故障がなければ、ソフトウェアが原因という可能性が高くなります。
(ハードウェアの故障が見つけられなかっただけかもしれないですが)


ハードウェアの故障を見つける方法

crdiskinfo を使う

ハードウェアの中で調子の悪い部品を見つけるには、CrystalDiskInfo と言うソフトが便利です。
これを使用すると、ハードウェアの問題箇所を見つけやすくなります。



bluescreenview を使う

これを使うと、ブルースクリーンで出たエラー情報を見ることができます。
例えば、USBPORT.sysと言う場所でエラーが出たことがブルースクリーンの原因であれば、その情報が出ます。



また、Bug check cord の項目や Bug check String を調べれば、エラーの内容を見れます。
ただ、Bug check cord や Bug check String は英数文字で書かれてありよくわからなかったりしますので、購入したパソコンのメーカーのサポートが利用できる場合は、そちらにお問い合わせしてみるのも良いかもです。(サポートが利用できるメーカーのみ


ソフトウェアの悪いところを見つける方法

ブルースクリーンが出始める前に、何らかのソフトインストールしたり、アップデートしたかどうか思い出してみると良いかもです。
もし、新しいソフトウェアをインストールすることで(ドライバを含む)、ブルースクリーンが起きる様になったのであれば、それが原因かも知れません。


ソフトウェアをインストール後にブルースクリーンが出始めた
 → そのソフトウェアが原因かも?


ソフトウェアをアップデート後にブルースクリーンが出始めた
 → そのアップデートが原因かも?


ドライバを追加したらブルースクリーンが出始めた
 → そのドライバが原因かも?


ドライバを更新したらブルースクリーンが出始めた
 → そのドライバの更新が原因かも?


OSのプログラムが何らかの原因で壊れてしまったり、コンピューターウィルスに感染してOSがおかしくなってしまった場合には、再インストール(クリーンインストール)すれば治ります。

ちなみに、Windows XP を実行しているコンピューター上のまたは USB デバイスにデータを転送すると、データ転送が壊れています のように、Windows側から修正プログラムが提供されている場合もあります。(修正プログラムを入れると、別の現象が起こってしまうこともあるようですが。。。(^^ ;)


ブルースクリーンを治す方法 (パソコンの部品がおかしくなった場合)

パソコンの部品がおかしくなった場合のブルースクリーンを治す方法についてです。


1. おかしくなったパソコンの部品を交換
使用できない無駄な部品を購入してしまう可能性がありますので、パソコンやパソコン部品に詳しい方だけがやった方が良いと思います。


2.パソコンを修理に出す
メーカーにおかしくなった部品がある(取り寄せできる合)場合は、修理に出すことで修理してもらえます。(保証期間を過ぎたら自腹で修理)


3.パソコンごと買い換える
メーカーに修理依頼しても修理で交換したい部品がメーカーにない(取り寄せもできない)場合は、修理できないので買い換えることになります。


ブルースクリーンを治す方法 (ソフトウェアやOSがおかしくなった場合)

ソフトウェアやOSがおかしくなった場合のブルースクリーンを治す方法についてです。


ドライバがおかしくなった

ドライバを削除した後、インストールし直します。

【XPの場合】
スタートボタン → コントロールパネル → システム
→ 『ハードウェア』タブを選択 → デバイスマネージャ
→ 削除するドライバをダブルクリック
→ 『ドライバ』タブに合わせる → 削除ボタンを押す
→ ツールバーの『操作』を選択 → 『ハードウェアの変更のスキャン』を押す


ソフトウェアがおかしくなった

もし、特定のソフトウェアが原因でブルースクリーンが起きていることがはっきりしていれば、そのソフトウェアを最新バージョンに更新したり、アンイストールしてやることで治ることがあります。


OSがおかしくなった

OSを再インストール(クリーンインストール)する


原因不明

OSを再インストールしてもよくならないし、部品がおかしいのかどうかもわからない(調べてみたけどわからなかった場合)は、メーカーのサポートセンターに訊いてみると原因がわかる場合があります


サポートセンターに訊いた際に、パソコンの部品に問題があると分かった場合、メーカーに部品がある場合は交換か修理をしてもらえます。
ソフトウェアやOSに問題がある場合は、OSの再インストールやソフトウェアのアンインストールやドライバの削除や更新と言うことになります。

サポートセンターで対応してくれるのは、サポートセンターで対応してくれるメーカーのみです。
ですので、このようなトラブルが発生した際に自力では何とか出来なさそうな方は、価格的には多少高くなってしまったとしても、しっかりサポートしてくれるメーカーのパソコンを選ぶと良いかと思います。


スポンサーリンク