【Win10の置き土産】 Window Updateができなくなった

マイクロソフト社がWindows10のアップグレードを推奨(?)していた時は、Windows10へのアップグレード用ウインドウが頻出し、常にタスクバーに アイコンが出てウザイ思いをしていた。

しかし、無償アップグレード期間終了後は、そう言う事もなくなり、無事Widows10の悪夢を乗り切ることができて非常によかった。

ところが、それが悪夢終わった後から、Windows Update の不具合が起きるようになった。

スポンサーリンク

Windows Update で起きる不具合の症状

2016年7月末、Windows10の無償アップグレード期間が終了した。
その辺りから、WindowsのUpdateが途中で止まるようになった。

理由はわからない。

1時間待っても、2時間待っても、Updateが終わらないのだ。
Windows Update が止まってしまう箇所は、いつもだいたい一緒だった。

Updateの更新を確認しているところで、ずっと確認しっぱなしになってしまうのだ。
でも、フリーズしているわけではなく、確認したまま終わらない状態が、パソコンを終了させるまで続く。


行ってみた対策

更新情報に載っているプログラムのみをインストール

とりあえず、Updateの確認をせずに、もうすでに更新情報に載っているアップデート用のプログラムのみをインストールしたら、いけるようになるのではないかと思ったがダメだった。

しかし、ダウンロード中の表示が出たままで進まなくなってしまった。


非表示になっている更新プログラムを表示

非表示になっている更新プログラムを表示してみた。
その後、再び更新プログラムをダウンロードしてみた。
でも、やはりダウンロードしているところで止まってしまう。




不要なレジストリの削除

マカフィのクイッククリーンで、不要なレジストリを削除してみたが、症状は何も変わらなかった。



Windows Update のクリーンアップ

Windows Update のゴミ情報を削除することにした。


【Windows Update のクリーンアップをする方法】

1. スタートボタン
2. コンピューター
3. OSがインストールされているドライブの上で右クリック
  (この場合はCドライブ)



6. ディスクのクリーンアップを選択


5. システムファイルのクリーンアップを選択


6. Windows Update のクリーンアップにチェックを入れる
7. OKボタンをクリックする


8. 再起動を行う


システムのクリーンアップを終えて再起動した後、再度 Windows Update を行ったら、上手くUpdateができるようになった。



どうやら、パソコンに保存されていた『 Windows Update のファイルの何か 』悪さをしていたようだ。


自動更新をONにしておいた

Windows10の無償アップデートが終了したので、一々、Widows10のアップグレードプログラムが含まれていないかどうかを確認する必要がなくなった。

そこで、Widonws Update の自動更新をONに戻しておいた。
これで、自動でダンロード&インストールしてくれるようになった。


スポンサーリンク