【早くて軽い】バックアップソフトを使ってのバックアップ

ファイル数とファイルサイズが大きくなるにつれ、Windows7の入っているパソコンから外付けHDDにファイルのバックアップをとる際、猛烈に時間がかかるようになってしまいました。(´・_・`)

2時間経っても終わらないとかザラでありまして。
そこで、ファイルをできるだけ少なくすべく、あれやこれやと頑張ってはみたのですが、これ以上削ると・・・と言うくらい削っても、それほどバックアップの速度は変わらないのでした。

USB3.0であれば転送速度が早いので、これほど時間はかからないのかもですが、何しか貧乏人の私のことですから、USB3.0をパソコンに買い換える余裕もなく。。。

しかも、バックアップにはかなりの負荷がかかっているようで、バックアップをする度にビジーランプが点灯しっぱなしで、外付けHDDが熱でアツアツになってしまうのでありました。

そんなわけで、少しでもバックアップの負荷を減らし、バックアップをスピーディに終わらせるべく、バックアップ専用のソフトを探してみることにしたのでした。

スポンサーリンク

こんなバックアップソフトを探していた

バックアップソフトの中で私がこれだけはと言う条件は以下の通りでした。


インストールせずに使える

実はこれが一番大事でした。
バックアップソフトをインストールしてしまうと、何かのソフトやWindowsやドライバとバッティングして、動作不良を起こす可能性があるからです。
(動作不良の芽を摘むために、私はできるだけインストール型でないソフトを使うようにしています)


設定の保存ができる

毎回設定の保存をするのは面倒くさいです。
また、再インストール後に設定を保存し直すのも面倒くさいので、設定の保存ができ、再インストール後にもそのまま使えるものを探しました。


できるだけ軽いソフト

これも重要でした。
今使っているパソコンは性能があまりよくないので、重いソフトを使うとアップアップしてしまうからです。


そんなこんなで見つけたのがBunBackuです。
私の探し求めていたソフトそのものでした。



BunBackuのレビュー

と言うわけで、早速使ってみたんですが、BunBackuはこんな感じのソフトでした。


機能

  • 軽い
  • 設定の保存ができる
    (リカバリ後も設定が残る)
  • インストール不要で、exeファイルだけで動く
  • オプションで色々と指定できる
  • 上書き保存する場合には警告がでる
  • バックアップの結果(コピー・エラー・削除)がわかる
  • ミラーリング保存ができるので、途中で中断しても再開しやすい

使用感

  • 時々BunBackuが重くなる
    (他のソフトにはさほど影響なし)
  • メモリの食い方をセーブしているのか、バックアップ中でも作業ができる

動画ファイルのバックアップ実験

そんなわけで、重くてバックアップしにくい動画ファイルのバックアップの実験をしてみることにしました。


PCのドライブ間のバックアップ

Explorer
( Windows7 )
8分

バックアップソフト
( BunBacku )
9分


外付けHDDとPC間

Explorer
( Windows7 )
12分

バックアップソフト
( BunBacku )
14分


実験の結果、何とバックアップソフトを使った方が時間がかかることがわかりました。( ゚艸゚;)

でもよくよく考えると、パソコンの限界近くまで働かせてしまうとパソコンに強い負荷がかかってしまいますので、多少時間はかかっても、余裕を持った状態でバックアップした方がよいのかもしれません。


主な機能

ちなみに、Bunbackの機能は普通のバックアップだけでなく、こんな感じのもあります。


  • 対象・除外ファイル・除外フォルダの指定
  • バックアップファイルのプレビュー表示
  • 自動バックアップ
  • 世代管理
  • ミラーリング
  • ログ
  • 圧縮
  • 暗号化

圧縮とか暗号化は便利かもですね。
(何らかの理由で後で暗号化の解除ができないと後で困るかもですが。(;´∀`))

この他、世代管理とかありますので、自分で個別にチマチマバックアップせず、このソフトにお任せと言うのもありかもです。
(一部だけ細かに過去のバックアップをとりたい場合には、自分でバックアップした方が良いかもですが)

あと、ミラーリングバックアップができるようなので、一部のファイルだけ更新されていて、そのバックアップだけとればいいような場合は、全部丸ごとバックアップをとるよりも時間短縮できるかと思います。


スポンサーリンク