画像データ方式について

画像データは一見すると全て同じように見えてしまいますが、大きく大別すると2種類のタイプの画像データがあります。
一つはビットマップ方式でもう一つの方はベクタ方式です。


ビットマップ方式について

ビットマップ方式は、色のついた小さな点々(ドット)の集まりによって画像を表示する方式です。Photoshopはビットマップ方式です。
デジカメで撮影した画像データも、このビットマップ方式で保存されています。

ビットマップ方式のデータは画像が大きくなりがちですが、写真やイラストのような細かい画像のデータを保存するのには欠かせない画像データ方式です。

スポンサーリンク

ベクタ方式

ベクタ方式は、幾何学的な図形を表現するのに適した画像データ方式です。
このベクタ方式の画像表示方式は、画像を幾何学的な図形の集まりとして表現しますので、幾何学的な図形やロゴの大きさなどを美しく、容易に変更できます。

Illustratorなどの画像作成ソフトは、ベクタ方式です。
Photoshopを使用していて、ある日突然Illustratorを使用すると、ちょっと戸惑いますが、幾何学的な図形を作成するのに適しておりますので、慣れればベクタ方式のIllustratorも楽しく使いこなすことが出来ます。

ただし、やはり写真加工などを行うには、利便性から考えると、Photoshopなどのビットマップ方式の画像加工ソフトをお使いになる方が宜しいかと思います。


スポンサーリンク