【目が疲れる?】 文字と背景の明暗

※ 画面の明暗は、モニターや画面設定などによっても変わります。
人はハイコントラストの画面を見ていると疲れるものです。
例えば↓のような真っ黒(R00 G00 B00)の背景と、真っ白の文字(Rff Gff Bff)です。
明暗の差が激しいのでパッと見は美しいですが、読んでいると目が疲れます。

「トロイの木馬ウィルス」
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


では逆はどうでしょう?


「トロイの木馬ウィルス」
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


コチラの方は、先ほどよりもかなり目が疲れにくいです。
しかし、文字の色が濃いだけあって、文字が並んでいると、少々目が疲れます。
(当サイトは、文字の色が(R33 G33 B33)ですので、若干コントラストを弱めてあります)
しかし、白地に黒の文字色の場合はハイコントラストでも目が疲れにくいのではないかと思います。


【薄くて見えにくい】 背景と文字の色

文字の色が余りにも薄い場合は、それはそれで目が疲れてしまいます。なぜなら、読みにくいので凝視して文字を読まなければならないからです。ですので、より多くの人々に読んでもらおうと思うのであれば、文字の色は背景の色と差をつけたほうが良いかと思います。
↓は、黒い背景に対してどの程度の白字が見えやすいのかを例にとってみたものです。


FONT COLOR RGB=FFF
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


かなりコントラストが強いので、文章などのような多くの文字が並んでいる場合は、少々目が疲れてしまうかもしれません。


FONT COLOR RGB=EEE
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


コントラストが少し抑えられて、若干見やすくなっています。
長文ですと、この位のコントラストでは目が疲れてしまうかもしれませんが、短文ですと、この位の文字でも大丈夫な気がします。


FONT COLOR RBG=DDD
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


何だかボンヤリした印象はしますが、ハイコントラスト特有のチカチカが少なくなり、かなり見やすいのではないかと思います。これ以上文字の明るさが落ちてしまうと、かえって文字が読みにくくなる可能性がありますので、注意が必要かもしれません。


FONT COLOR RGB=CCC
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


このあたりに来ると、少々読みにくくなり始めます。


FONT COLOR RGB=BBB
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


さらに明暗の差が無くなり読みづらくなりました。


FONT COLOR RGB=AAA
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


ココまで来ると、文章を読んでいると結構疲れます。
そのようなわけで、明暗の差を無くす場合は、EE EE EEか、CC CC CC程度に抑えたほうが良いかと思われます。


FONT COLOR RGB=000
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


先ほどの黒地に白の文字色に比べて、ハイコントラストでも目が疲れにくくなっています。
また、一部のコントラストの弱めのモニターですと、R00 G00 B00の方が見やすいという方がおられるかもしれません。


FONT COLOR RGB=333
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


コチラは先ほどの文字の明度を少し上げた文字です。
コントラストが弱めのモニターで見ると少々見にくいかもしれませんが、ハイコントラスト特有のチカチカは、起こりにくいうなっているかと思います。


FONT COLOR RGB=666
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


明度がココまで上がってくると、少々見づらくなってきます。
ただ、読みにくいというほどではないので、商品説明や画像説明などの短文でしたら、この程度の明るさもOKかと思います。(何より文字が薄いほうがおしゃれに見えますし・・・)


FONT COLOR RGB=999
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


ココまで薄いと、商品説明や画像説明などの短文であっても、疲れそうな気がします。特にコントラストの弱いモニターをお使いの方は、かなり読みにくくなっておられるのではないかと思います。


BACKGROUND COLOR RGB=999
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


グレーの場合、下地の色によって、読みやすい文字の色の明るさが変わってくるかと思います。上の例のグレーの場合は、文字の色を白にしたほうが読みやすいように思います。


BACKGROUND COLOR RGB=CCC
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


明るさを抑えたので、グレーの下地の色と文字色が近くなってしまい、読みづらくなってきています。


BACKGROUND COLOR RGB=AAA
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


ココまで来るとほとんど読めない状態になってしまいます。
HP上でこのような文字色と背景色が近い場合は、下手すると検索スパムと間違われてしまい、検索順位を引き下げられたりする可能性があるので、注意が必要かと思います。
(このページは大丈夫か〜((( ;゚Д゚))))


FONT COLOR RGB=666
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


上の画像は、下地の色より文字の色が暗くなった状態です。
明るさが近いので、相当見えにくいです。
こちらも検索スパム扱いされないように、注意が必要だと思います。


FONT COLOR RGB=666
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


少し文字色が暗くなったので、文字が識別しやすくなりましたが、それでもかなり見えづらいことには変わりないかと思います。


FONT COLOR RGB=666
「トロイの木馬ウィルス」は、ユーザーが実行させたらすぐに破壊活動をするものもありますが、システムの一部として潜み、時間がたってから「発症」するものや、他のユーザがそのコンピュータを操作するためのプログラムとして機能するものなど、色々あります。ですので、安易にエグゼファイル(*.exe)をポチポチとクリックするのは良くないようです。


文字ははっきり識別できるのですが、下地の色がグレーであるため、やはり少々見えにくいかと思います。下地の明度が低い場合は、文字の明度を上げるにしても下げるにしても、下地の明度との差をつけにくくなりますので、注意が必要であるかと思います。


スポンサーリンク