【BTO】 Frontiaのパソコンを使ってみた


今回、初めて Frontia のパソコン (OSはVISTA)をヤマダ電機で買ってみました。
ヤマダ電機で買ったこの Frontia パソコンは一応BTOパソコンなんですが、何か組み立てするわけではなく、普通のパソコンのように販売されていました。

もちろん、Frontiaパソコンは通販でも買えます。
(ただし、Frontiaパソコンを通販で標準モデルをカスタマイズして買う場合は、OSや部品のバリエーションを指定しないといけませんし、ヤマダ電機モデルはヤマダ電機だけでしか買えません)

スポンサーリンク

パソコンの性能は、メモリが4MB で CPUが Intel Coa2 Duo です。
あと、ドライブは最初からCドライブとDドライブに別れてしました。
(通販のやつだと、ドライブを分けるとそのぶん値段がUPしてしまうので、最初から分離してあるってのはちょっとありがたかったです。 (´・ω・`))


モニタは発色も解像度も満足できるものでしたが、最初にWindowsを立ち上げた直後は、解像度の設定をしてあげなければ画面がガタついていましたので、ちょっと焦りました。(´+ω+`)

取扱説明書は見やすかったです。
これは、通常のメーカー品とさほど変わらなかったです。

この Frontia のパソコンにはほとんどソフトウェアが入ってませんでしたので、最初にWindowsを立ち上げた直後に、パソコン内のソフトウェアをバシバシと消す作業はしませんでした。
なお、動作はなかなか快調でした。

特価品でしたので値段的にはハッキリしたことは言えませんが、この Frontia のパソコンは、BTOパソコンの中ではちょい安めで、メーカー品の3分の1程度の値段で買えました。
(モニタ憑きでこの性能でこの値段ですので、個人的に大満足しておりまつ)

ちなみに、これは余談ですが、決算間近の3月末日頃にパソコンを買うとパソコンを安く買える可能性がありますので、パソコン購入なら3月末頃がお勧めかもです。


スポンサーリンク