「Intel」のCPUを搭載したマッキントッシュ

マックブック


マッキントッシュ、私も昔は大変にお世話になりました。
(仕事では、私はG4を使っておったです)

マッキントッシュの魅力といえば、何と言ってもその使いやすさです。
ウィンドウズは理論的な感じがしますが、マッキントッシュは感覚的なパソコンでした。
パソコンで感覚的というのも何だか妙なお話ですが、ホントに感覚的な感じがして慣れれば使いやすくなります。

スポンサーリンク

しかしながら、ウィンドウズに慣れてしまうと、今度はマッキントッシュに慣れるのがしんどくなります。
マックOSを触る機会も何度もありましたし、まったく使いにくくは無いと思うのですが、マウスの形状が違うので戸惑ってしまうんですね。

例えば、右クリックをしてコピーしたり・・・という機能はマッキントッシュにはありませんので、その点が「あれ?あれ?(?_?)」となってしまうんです。それにインターネット設定やパソコン設定など、細々とした点がちょっとづつ違って、これがまた混乱してしまう原因になりました。

でもやっぱり、今でもマッキントッシュって懐かしくて大好きなマシンです。
ですので、今でもたくさんのマッキントッシュユーザーの方がおられたり、マッキントッシュで無いと使いたくないという方がおられるのも、かなりうなずけます。

そのマックなのですが、私が使わなくなってしまった間に、すっかりと様変わりしてしまいました。先日も、マックブックなどを見れる機会がありましたので、ちょっと参加してきたのですが、なかなか驚きの連続でした。


より高性能なマシンであるための決断

マックブックプロ


マッキントッシュは、昔はマックOSで作動していたものです。
これがまた慣れるとなかなか可愛いんです。でも、見本市で見たマッキントッシュには、どこかで見た壁紙が・・・

そうです。
これ、ウィンドウズの壁紙です。
何でも、壁紙がウィンドウズなだけではなく、CPUも「Intel(「Intel Core Duo」)」を使ってるんだそうな。

「Intel」つーたらウィンドウズな気配もするのですが、アップル社の方とお話ししたところによると、今回の新製品(←の白いマッキントッシュ)のMacBook Pro、それが売りなんだそうです。

従来のマッキントッシュと比べると、「Intel」製の高性能の「Intel Core Duo」を使うと、かなり軽快に動くんだそうで、ものすごいパフォーマンスがよくなるんだそうな。

デザイナーの人は、アドビのフォトショップやイラストレーターやプレミアなど、重いソフトウェアを使わんといかん作業が多いですので、こういった高パフォーマンスのマッキントッシュはかなり嬉しいです。
CPUの性能の大幅にUPしたMacBook Pro、皆さんもこの機会にぜひお試しあれ〜


スポンサーリンク