コンピューターのデータ量

コンンピューターは、0か1かで情報を表します。
0か1かしかありませんので、01110001などという、一見すると意味不明の情報になります。

ところで、0か1かを一つ指定することは、それだけでデータ量を持つことになります。

この0か1かを一つ指定するためのデータの重さを1ビットといいます。
(0か1を選べるということは、2種類の選択枝が与えられるということになりますので、1ビットで2種類の情報を表示できるということになります)

スポンサーリンク

情報の表示の仕方

2ビットでも、案外と多くの情報を表示できます

1ビット2ビット
☆ ON (0)☆☆ ON (00)
★ OFF (1)☆★ OFF (01)
★☆ ON (10)
★★ OFF (11)

【情報の単位】 ビットとバイト

1ビットは0か1かの2種類の選択枝を表示できると、先ほど書きましたが、ビット数が多くなってくると、呼び名が変わってきます。

1ビットが8個分ですと8ビットですが、これをコンピュータでは1バイトと呼びます。
さらに、1バイトの1,024個分は1,024バイトですが、これは1キロバイト(1Kバイト)と呼びます。
1Kバイトがさらに1,024個分ですと1,024Kバイトですが、これは1メガバイト(1Mバイト)と呼びます。
1Mバイトがさらにさらに1,024個分ですと1,024Mバイトですが、これは1ギガバイト(1Gバイト)と呼びます。1Gバイトが1,024個分ですと1,024Gバイトですが、これは1テラバイト(1Tバイト)と呼びます。


単位情報量1ビット当り
1ビット1ビット1ビット
1バイト8ビット8ビット
1Kバイト1,024バイト8,192ビット
1Mバイト1,024Kバイト8,388,608ビット
1Gバイト1,024Mバイト8,589,934,592ビット
1Tバイト1,024Gバイト879,609,302,208ビット

スポンサーリンク