ホームページビルダーのサイト情報が破損した時の解決法

ある日突然、 ホームページビルダーサイト設定または転送設定の情報が壊れていますというエラーが出て、サイトが開けなくなってしまった。

何とか修復しようと、ホームページビルダーのサイト設定を編集しようとしたり、サイト情報を削除しようとしたが無駄。
エラーが出てサイト情報が消せないし、編集もできない。

しかも、さらに悪いことに、正常なサイト情報も壊れてしまってサイトの追加も困難な状態に。
どうしようもないので、対処法を探してみた。

すると、普通にホームページビルダーのヘルプページが見つかった。
それによると、どうやら一度サイト情報が破損してしまうと、もうどうしようもないらしい。


自分で設定したアプリケーションの設定を最初の状態に戻したい


変更も削除もできないので、専用ツールを使ってサイト情報をクリーンアップしてやる必要があるんだそうな。
(と言うか、そもそも何でサイト情報みたいなもんが壊れるし。(;・∀・))

スポンサーリンク

サイト情報のクリーンアップの仕方

1. コンピュター(Cドライブ) フォルダを開く
2. Program Files か Program Files (x86) フォルダを開く
3. JustSystems フォルダを開く
4. HOMEPAGEBUILDER16 フォルダを開く
5. bin フォルダを開く
6. hpbclean.exe をクリックする

7. サイト情報のリセットにチェックを入れる
8. OKボタンをクリックする


上記の方法がめんどくさい場合 その1

1. 何かのフォルダーを開く
2. アドレスバーに 『 C:\Program Files (x86)\JustSystems\HOMEPAGEBUILDER16\bin\hpbclean.exe 』 と打ち込む
3. Enterキーを押す


上記の方法がめんどくさい場合 その2

1. コンピュター(Cドライブ) フォルダを開く
2. 『hpbclean.exe』 でCドライブを検索する
   → hpbclean.exeが検索結果に出てくる
3. hpbclean.exeをクリックする


ちなみに、スタートボタンを押した際に出る 『 プログラムとファイルの検索 』 では hpbclean.exe は検出できないので、上記の何れかの方法をとる必要がある。
(サイトの情報は時々壊れるから、いっその事、新しいバージョンではツールバーの中に入れておいておくれ)


ヘルプの情報と違うので混乱した

ホームページビルダーは、WEBサイト上でサイト情報のクリーンアップの方法を公開しているのだが、これには間違いがある。
最初は何がなんだかわからずに 『???』 となってしまった。


間違いの箇所

ホームページビルダーの公式HPの説明文には <IBM Homepage Builder xx>*3をダブルクリック と書かれてあるが、そんなものはもう存在しない。

確かに、古いバージョンのものはそのフォルダがあるのだが、新しいバージョンのものは 『 JustSystems 』 と言う名前のフォルダになっている
(古いバージョンのHPBビルダーはIBMのままだと思う)

どうしてこれが起こったのかと言うと、ジャストシステム社IBMからプログラム著作権と商標権を取得した後、HPBはIBMのソフトではなく、ジャストシステム社のものとなったためだ。
(元々、ホームページビルダーは日本IBMの大和開発研究所が開発したソフトだった)

でも、その古い情報がホームページビルダーの公式HPでは変更されていないので、このようなマニュアルになり、これを見たユーザーが混乱してしまうのだった。
(ジャストシステムさん、早く対応しておくれやす)


次ページ

【必須の変更】 ホームページビルダーのオプション設定

前ページ

【良くなった点】 HPB(ホームページビルダー)16購入体験談 【悪くなった点】


スポンサーリンク