【デジタル回線】 ISDNって何?

電話線はアナログ回線ですが、デジタルの回線もあります。
それがISDNです。
ISDNは通常のモデムとは違って、少々複雑な構成になっています。


ISDNの通信の仕組み

モジュラージャックを伝ってきたデータは、DSUというISDN回線の末端(終わりの端)に設置された機器を通ります。そして、ISDNの端末をつけるために必要なターミナルアダプタ(TA)を通り抜け、パソコンや電話機などに送られます。

データをパソコンや電話から送信するときは、↑の経路とは逆方向へいきます。
まず、パソコンや電話からデータが送信されると、ターミナルアダプタ(TA)にデータが送られ、その後、そのデータはDSUに送られ、DSUからモジュラージャックを通り、ISDN回線に乗ります。


ISDNのデータ受信過程

ISDN回線 → モジュラージャック → DSU → ターミナルアダプタ(TA) → パソコン・電話


ISDNのデータ送信過程

パソコン・電話 → ターミナルアダプタ(TA) → DSU → モジュラージャック → ISDN回線


DSU + TA 【便利になった端末】

↑ではISDN回線のデータの送受信についての原理を書きましたが、最近はDSUとターミナルアダプタが合体した便利な機器が発売されています。
ですので、実際にはターミナルアダプタ(DSU内臓のやつ)しかないケースも多いです。

また、端末もISDNルーターを使えば複数台の端末の接続が可能ですので、見方によってはISDN回線も案外便利だったりします。


スポンサーリンク