【ドメインパワー】 レンタルブログとSEO 【爆速インデックス】

独自ドメインを使い、レンタルサーバーWordpress でブログを運営しているよりも、無料のレンタルブロクのドメインを使った無料ブログの方がインデックスが早いことが多いです。

検索クローラーは、ping 送信されたり、Fetch as Google で新ページ追加の報を受けたあとで、そのページを訪れ、インデックスに登録するか否かを判断します。

その際の判断基準は、ドメインの評価サイトやブログの評価と更新頻度です。
サイトやブログやドメインの評価が高い場合は、比較的早くにインデックス登録されやすいです。

また、頻繁にページの追加をしているサイトやブログは、活発に活動しているサイトとしてGoogleから評価されやすいので、より早くインデックスされやすくなります。

スポンサーリンク

一からつくり上げるよりも楽にアクセスアップできる

無料のレンタルブログ(有料版で広告無しが選択できる無料ブログもある)を利用すれば、1からブログやサイトをつくり上げるよりも楽にアクセスアップできます。

何故なら、元々のドメインの価値が高かったり、同じブログサービスを利用している他のブログの更新頻度や重要度の高さの恩恵を受けることができたり、ブログサービスの内部リンクの恩恵を受けることができるからです。
(ページを追加したら、新着記事として表示されるなど)

もし、これが一からレンタルサーバーを借りて自力でチマチマ記事を追加するのであれば、恐らく、最初の頃はインデックスへの追加は1〜2週間後、しかも、インデックスに追加されてもドメインパワーが弱かったり、Googleからの評価が低かったりして、なかなか訪問客を得られないと思います。

このように、できるだけ早くにアクセスアップするには、既存のレンタルブログを利用するのが近道になります。

ただし、以前にも書きましたが、既存のレンタルブログサービスは、ある日いきなり規約の改正話が出てきて、広告がなかった場所に広告が追加されたり、アカウントが削除されてしまったりする可能性がありますので、かなり注意が必要です。


トレンドブログを作成する

インデックスが早く、検索結果に早く載ると言うことは、無料ブログはトレンドブログなどの早耳情報系のブログ作成に向いています。

トレンドブログとは、時事ネタを扱うブログのことです。
例えば、芸能人の●●さんが▲▲してニュースになった などと言うものです。

多くの人が、『 ●●さんってどんな人だろう? どんなことをしてニュースになったんだろう? 』 と知りたがりますので、その●●さんについて色々と調べようと行動します。
そのため、そのネタをブログで取り上げることでアクセス数が増えやすいです。

もし、これが自分で契約したレンタルサーバーと独自ドメインのWordpressブログだと、インデックスがスピーディになるまでにかなりの期間と努力を要します。

こう言う時事ネタの関心事は、余程のことがない限りは新しいニュースが出る度に次々と変化していくものですから、インデックスに時間のかかる独自ドメイン + レンタルサーバーでは間に合わないことも多いのです。

ですので、トレンドブログでアクセス数を稼ぎたいのであれば、インデックスが早い・ドメインパワーが強いレンタルブログの方が有利なのではないかと思います。


レンタルブログから本家サイトへ訪問客を流入させ、リンクジュースを流す

今は、禁止されているレンタルブログが多いのですが、SEO的に有利なレンタルブログから自分の持っている独自ドメインのブログへと、訪問客やリンクジュースを流す方法があります。

例えば、ちょろっとだけオレンジジュースのことをレンタルブログに書きます。
そして、『 続きは●●●へ 』 と書いて、自サイトへのリンクを貼り付けておきます。

こうすることで、ドメインパワーが非常に強い無料ブログから、ドメインパワーが弱く、検索でいつも競り負けてしまう自サイトへ、お客を流すことができます。

また、自サイトへのリンクを貼り付けておくことで、リンクジュースを流す(ブログやページの価値をリンクでリンク先に渡す行為)こともできます。

そのようなわけで、多くのレンタルブログで利用規約が改正され、この行為が禁止されるまでは、この方法はかなりメジャーなやり方でした。

ちなみに、このようなブログは手動でポチポチと作るだけでなく、ツールを使って大量に生成することも可能なので、中にはツールでブログを大量生産し、レンタルブログ側に負荷をかけているケースもあります。

このようなツールは、INFOCARTなどの情報やツールの販売サイトにて有料で販売されています。


巻き添えでドボン

現在では、多くのレンタルサーバーにて、このようなリンクジュースを流すページやブログを発見しやすくするために、不正ブログの自動検出ソフトを使い、不正ブログを検出しています。

その検出結果が出たあと、一つ一つ人の目で確認した後で不正ブログを削除している場合は巻き添えが起きにくいのですが、不正ブログが検出された後、すぐにその結果のままアカウントを凍結したり削除するレンタルブログもありますので、そのような巻き添えのアカウント凍結や削除を避けたい場合は、ちゃんと目視で確認された後に削除するレンタルブログを利用すると良いのではないかと思います。


レンタルブログ1本でアクセスアップを目指す!

レンタルブログ1本でアクセスアップを目指すと効率が良いです。

ですので、そこそこ軌道に乗ってくると、つい普通のレンタルサーバーに移転して、Wordpress で運用して広告費も丸儲け、自分で自由にと思ってしまいがちなのですが、これをやってしまうと、思わぬアクセスの減少に悩む可能性が高くなります。

独自ドメインでブログ運用できるレンタルブログもありますので、普通のレンタルサーバーで、独自ドメインを使ってWordpressブログで運用するのも大して変わらないだろうと思うと、後々痛い目に遭う可能性もありますので、注意が必要かと思います。

さりとて、検索の有利さ、アクセス数の多さ、内部リンクの充実度などから、どうしても無料のレンタルブログ(有料化してブログの広告を非表示にする)がいい、でも、万が一、どうしても耐え難い規約の変更があった時には困ると言う場合は、独自ドメインでブログ作成できる無料のレンタルブログでブログ運営するとよいのではないかと思います。

独自ドメインは、 お名前ドットコムムームードメイン バリュードメインなどで得ることが出来ます。

設定の仕方は少しややこしくなるので、予めしっかりと下調べをしてから行動を始めるとよいかと思います。


【サイトがふっとんだ】 ネームサーバーの変更でドボン

【開けてビックリ】 PHPのinclude ができなくなった

【対策 その4】 Wordpress からライブドアブログへ移転決行


有料の会員制のサロンや出合い系の勧誘に注意する

先程までに書いてきたように、レンタルサーバーのドメインはかなりのドメインパワーを持っていますので、検索で競り勝ちやすく、インデックスもかなり早いのが特徴です。

その有利なレンタルサーバーの特徴を活かし、会員制の有料サロンの勧誘記事を書くと、レンタルブログの集客力の高さから、有料会員の会員数を増やしやすいです。

また、これと同様に出合い系のサービスへの約定率も高くなりやすいので、無料のレンタルブログでは、出合い系のサービスへの勧誘記事の作成も盛んに使われる傾向にあります。

ところが、これらはビジネスの収益アップとして使われている上に、トラブルの元になりやすい性質があるため、レンタルサーバーでは有料の会員制のサロンや、出合い系の勧誘を禁止しているものが多いです。

ですので、集客力が高いレンタルブログの特徴を活かし、有料会員制サロンや出合い系の勧誘で一儲けと考える前に、利用したいレンタルブログや利用中のレンタルブログの利用規約をよく読み、それらの行為が利用規約に反していないかどうか確認することが大切です。


アフィリエイトタグの貼り過ぎに注意する

先程までに書いたように、レンタルブログはドメインパワーが強く集客力が高いので、そこで集めたお客相手にアフィリエイトでビジネスをと、つい考えがちです。

現在、多くのレンタルブログでアフィリエイトが許可されています。
でも、どのページを見てもアフィリエイトタグだらけ、広告だらけのブログの場合、レンタルブログサービスに発見されてしまうと、ブログ削除やアカウント停止処分を受けてしまう恐れがありますので、アフィリエイトタグの貼り過ぎには注意が必要です。


アフィリエイトページへの誘導

では、アフィリエイトタグだらけ、広告だらけの自サイトに、アフィリエイトなしのレンタルブログからアクセスを送る行為はどうなのかと言う話になるのですが、これもやり過ぎには注意が必要です。

時々そう言うリンクを送るのであれば大丈夫だとは思いますが、頻繁にこれをやってしまうと、不正自動検出ツールに引っかかってしまい、アカウント削除やアカウントの凍結をされてしまう可能性が出てきます。


最初から不正目的でレンタルブログを利用する

ホワイトハットSEOブラックハットSEOと言う言葉があります。
両者の意味はこのようなものです。


ホワイトハットSEO

普通にサイト作成することで、集客していく方法です。
バズった場合(SNSで紹介されることでアクセス数が爆発的に増えること)は、一気に被リンクが増えることもありますが、通常、被リンクは非常にゆっくりと増えていきます。

非常に時間がかかる上に、Google検索のドメインパワー重視のアルゴリズムの変更以降、検索結果で競り負けてしまったり、逆SEOをかけられたりして、記事の無断転載・盗用・引用されたページに吹き飛ばされてしまうことも多いです。


ブラックハットSEO

被リンクを人為的に作成する方法です。
やり方やツールを使うかどうかにもよりますが、ホワイトハットSEOよりも早く、確実に検索結果での上位表示が可能です。

Google検索で不正が発見された場合、人為的にペナルティを受ける可能性があります。

この両者の中で、ブラックハットSEOの方に利用するのが、不正目的でレンタルブログを利用する方法です。

やり方は簡単。
ツールなどを使い、レンタルブログを量産します。
(http://***.xyz などの格安のドメインを大量に入手して、独自ドメインを割り当てることもあります)

Googleの検索アルゴリズムの変更以降、ブラックハットSEOをしてもホワイトハットSEOで頑張っていたとしても、盗用・転載・引用で食い散らかされると、どちらにしても検索結果から吹き飛ばされてしまうため、どうせ検索結果で吹き飛ぶのであれば、ブラックハットSEOをやってやると言う人も出てきています。

最初から悪意を持ってやっているぶん、ブラックハットSEOの方が検索結果から吹き飛ばされても納得がいきますが、ホワイトハットSEOで頑張ってやっていて、盗用・転載・引用で食い散らかされた挙句、自分の方が検索圏外に放り出されたら納得行かないと言うこともあるようです。


【盗用防止】 記事をコピペさせない方法 【引用防止】


ただし、これでとばっちりを受けるのはレンタルブログの方です。
意味不明のワードサラダだらけのブログを量産され、被リンクを流すだけのにされたらたまったものではありません。

しかも、Google検索からそのドメインが手動・自動何れかのペナルティを受けてしまった場合、ドメインの価値も低下してしまいます。

ですので、こう言った不正目的のドメインの使用は、ほぼ全てのレンタルブログサービスで禁止されています。

現在(2016年7月)までに、こう言う使い方で損害賠償請求が行われた話はきいていませんが、大規模で悪質な不正利用が発覚した場合は、何らかの損害賠償請求が行われるかもしれません。


レンタルサイトにするかレンタルブログにするか決める

レンタルサイトもレンタルブログもそれぞれに特徴があります。
レンタルサイトは静的なページ1つずつ作成していくものです。

インデックスには時間がかかるものの、多くの情報を綺麗にわかりやすくまとめやすく、各カテゴリの記事や情報を整理しやすくできています。

ですので、サイトを訪問した人が、特定の情報を詳しく知ったり、特定のカテゴリについての情報を得る助けになります。

その一方、レンタルブログの方はインデックスは早いものの、色々とわかりやすく情報をまとめたりカテゴライズするのには向いていないため、時事ネタ日記など、垂れ流し系の情報の発信に向いています。

また、ブログレイアウトに一定以上の制限があるものも多く、レイアウトが不自由なのも特徴です。
(レンタルサーバーでのWordpressの運用場合、レイアウトは自由ではありますが、スピーディにインデックスされるまでにかなりの期間と努力を要します)


レンタルサーバーのWEBサイト

  • 複数ページの情報を上手くカテゴライズしやすい
  • ページ内の情報を整理したり、見やすく配置したりしやすい
  • レイアウトが比較的自由に行える
  • インデックスは比較的遅め
  • ある程度の集客までに時間が掛かる

レンタルブログ

  • レイアウトが不自由
  • インデックスが早い
  • 時事ネタ・ニュース向き
  • (ブログサービスにもよるが)
    サイトよりも集客しやすい

このようなことから、自分が何をしたいのか、どういう目的でサイトやブログを作ろうとしているのかをよく考えた上で、サイトを作るのかブログを作るのかを考えると良いのではないかと思います。


次ページ

【検索結果を正常化】 サイトをHTML5対応してみた

前ページ

【申請取り消し】 DMCAで公開された実名の削除


スポンサーリンク