Movable Type の賢いインストール法

Movable Type で鬱なのは、バージョンアップする際などに行うインストール作業です。
何せ、インストールするファイルが膨大な上に、途中で止まってしまうこともあるからです。

というわけで、以前の私はMovable Type のインストールでは(でも)、かなり苦戦を強いられておりました。

スポンサーリンク

ミラーリングアップロードを発見した!

FFFTPと言うソフトウェアには、ミラーリンクアップロードと言う機能があります。
それを利用すると、実に簡単にアップロードすることが出来ます。


※ ご注意 ※
ミラーリンクアップロードをすると、転送元(ローカル)と転送先(ホスト)のデータが、全く同じものになってしまい、変更した元データの情報が完全に失われてしまいますので、ミラーリングアップロードをするときには、充分にご注意下さい。


FFFTPを使ったミラーリンクアップロード

@ 転送先のフォルダーに元データがあれば、そのデータのバックアップを取る
A 転送したいフォルダーと転送先のフォルダーを開く
B メニューバーの「コマンド」 → ミラーリングアップロードを選択
C 「開始ボタン」か、「処理内容表示ボタン」を押す
D 転送途中でエラーが出て止まってしまったら、Bからやり直し




アスキーモードのファイル形式を追加しよう

Movable Type では、デフォルトで指定されているアスキーモードのファイル形式以外のものも、アスキーモードで転送せねばならなかったりします。
デフォルトで設定されているもの以外に追加せねばならないファイル形式は以下の通りです。
(メニューバーの「オプション」→環境設定)



Movable Type を転送するために必要な追加設定

*.php
*.dat
*.tmpl
*.pm


デフォルトの設定

*.txt
*.html
*.htm
*.cgi
*.pl


ファイル名には気をつけよう

転送するファイルのファイル名は、変更せずに転送したり小文字にできたり大文字に出来たりしますので、転送前に設定の確認をしましょう。
(メニューバーの「オプション」→環境設定)



スポンサーリンク