Movable Type のバージョンアップ

Movable Type のカレンダーのカスタマイズをした際に、不具合が起きた我がブログ。
そこで、バージョンアップをしてみてカレンダーの不具合が治るかどうか試してみたのですが、これが大変なことに・・・

そこで、記録を兼ねて、どのような手順で、どのようにしてMovable Type のバージョンアップに失敗したのかについて掲載したいと思います。

スポンサーリンク

1、Movable Type をインストール

SQLite と mt-config.cgi とプラグインのバックアップを取る。

Six Apartのサイトから、Movable Type をダウンロードする。
ダウンロードしたMovable Type のデータを解凍する。
解凍したら、レンタルサーバーにインストールする。
cgiファイルのパーミッション(属性)を変更する。
mtフォルダに.htaccessファイルをアップロードする。
(レンタルサーバーで指定があったため)


2、編集ができない

バージョンアップは成功する。
サイトを確認すると、ちゃんと表示されている状態になる。
ただし、テンプレートや投稿画面の編集は出来ない。

ブラウザを変更して編集を試みるも、編集が出来ない。


3、再度、Movable Type 3.35に戻す

Movable Type 4.0のデータを削除し、Movable Type 3.35をインストールする。
Movable Type 3.35のログイン後、元のブログのデータが無い事に気付く。
(ブログが一つもないまっさらの状態)

Movable Type 4.0から、Movable Type 3.35にバージョンを変更した場合、ブログのデータの引継ぎができないことに気付く


4、再度、Movable Type 4.0をインストールする

Movable Type 4.0からバックアップデータを取り出すため、再度、Movable Type 4.0をサーバーにインストールする。その後、テンプレートとエントリのデータのバックアップを作成する。


5、再々度、Movable Type 3.35をインストールする

再々度、Movable Type 3.35をインストールする。
各ブログを作る。
Movable Type 4.0から取り出したバックアップデータを小分けにして各ブログに読み込む。


補足事項

1、Movable Type 4.0を最初からインストールした場合は、正常に作動
(バージョンアップでのみ、起こる現象のようです)

2、Movable Type 3.35で使っていたプラグインがなくても不具合が起こった
(プラグインが原因ではありません)

3、Scriptのエラーがブラウザに表示される
(テンプレートやエントリの編集を行う画面では、Scriptエラーの表示が出ました)


スポンサーリンク