【凸凹】 テクスチャーについて 【立体】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


Photoshopテクスチャー機能を使うと、立体的凸凹のあるキャンバスやレンガなどに写真を貼り付けたかのような効果を得られます。
(テクスチャーのかけ方 : メニューバー ⇒ フィルタ ⇒ テクスチャー ⇒ 各効果 )

テクスチャーの凸凹さ具合は、設定画面でコントロールできるようになっています。
キャンバスなどの凸凹したものの上に写真を貼り付けたかのような写真に加工したい場合は、このテクスチャー機能が便利です。

スポンサーリンク

注意事項

この機能を使う上での注意事項は下記の通りです。


1. 小さいサイズの画像だと、上手く加工できないことがある
2. ソフトウェアの機能なので、上手く変換できないことがある
3. 元画像が変換で消えてしまうため、変換前に元画像のコピーをとっておく
(コピーの方法 : コピーしたいレイヤー上で右クリック ⇒ レイヤーを複製を選択する)
4. 大きなサイズの写真や画像ファイルの加工や表示は、
メモリのサイズが大きくないと処理しきれない可能性がある。



テクスチャー機能を使って加工した写真

下の画像は『変換例』です。
テクスチャー機能の設定の仕方やサイズや写真内容等によっては、もっとよくなる可能性もあります。



スポンサーリンク