選択範囲内の画像を変形させる方法

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


選択範囲内の画像を変形することが出来れば、写真のコラージュ合成をする上で、大変に便利になります。そこで、 Photoshop の選択範囲内の画像を変形する方法について書いてみたいと思います。


選択範囲内の画像を変形する方法

1. レイヤーウインドウで選択させたい画像の含まれたレイヤーを選択する



2. 変形させたい部分を選択する



3. 変形のタイプを選択する

(自由変形、回転、拡大縮小など)



4. 変形させる

(変形枠を使って目分量で変形する方法と、数値入力で変形する方法の2種類があります。
 きっちりと変形せねばならない場合は、数値入力での変形が無難です)




5. 形が決まったら Enterキーを押す


選択範囲内の画像の変形についての注意点

1. 何度も変形させない

何度も何度も拡大・縮小・回転・自由変形などを繰り返していますと、ボケボケのガタガタになってしまいます。それは、これらの変形が元画像を無理やり弄って、画像をそれっぽく自動変更しているからです。
ですので、変形させる場合は、Undo を繰り返しながら、一発で変形させることが大切です。



2. できるだけ拡大はさせない

拡大は、縮小よりもボケたり崩れたりが激しいです。
それは、拡大は、拡大で補充された部分はたぶんこうだろうと、Photoshop が自動的に考えて作りあげたものだからです。

でも、縮小の方は、これだとキレイに縮小させれるだろうと言うのがありますので、拡大するよりもよりキレイに変形することが出来ます。という訳で、出来るだけで大き目の画像を用意して、縮小や回転のみで済ます方が無難なのではないかと思います。



3. 変形後にボケてしまった場合は、シャープをかける

シャープと言うのは、形や輪郭をくっきりと際立たせる機能です。
これを適度にかけてやりますと、ボケた画像や写真をくっきりさせてやることが出来ます。
(あまりにもボケすぎてしまいますと、シャープをかけてもクッキリキレイにはなりません)



ただ、シャープをかけすぎますと、荒くて汚い画像や写真になってしまいますので、シャープのかけすぎには注意が必要かと思います。


スポンサーリンク