【枠線】 境界線をつける 【袋文字】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。


Photoshop では、画像(写真)に枠線をつけたり、袋文字(文字に境界線をつけること)にすることができます。



画像(写真)や文字に枠をつける方法

1. 枠をつけたい画像の含まれたレイヤーを選択する
2. 枠をつけられる効果を選択する
(ドロップシャドウの効果ですと、加工が楽です)
3. 効果アイコンの上でダブルクリックする



4. 効果画面(スタイル設定ウインドウ)を開く
5. ドロップシャドウ(影)が不要であれば、ドロップシャドウのチェックを外す



6. 境界線のチェックをつける
7. 境界線の幅を入力する
8. 境界線の色を変更する
9. OKボタンをクリックする



これで、境界線をつけ終わりました。
もしこの境界線が気に入らなければ、レイヤーウインドウ効果アイコンダブルクリックして、スタイル設定ウインドウを開いて再度効果の設定をしなおすか、レイヤーウインドウの上で(レイヤー文字の上で)右クリックレイヤースタイルの消去 をして効果を削除すればOKです。

スポンサーリンク

境界線の設置が上手く行かないときの対処法

1. 境界線がガタつく
切り抜いた画像(写真)のふちの部分薄い削り残しがあったり、滑らかなふちになっていない場合は、境界線を設置するとガタつきますので、ふちの部分を見直して削り残しを削除したり、滑らかなふちになるように削りなおしてみましょう。


2.境界線の色がコントロールできない

境界線の色がコントロールできない効果もあるようです。
(Elements だけのことなのか、CSでもそうなのかはわかりませんが)
ですので、境界線しか使用しないのであれば(他の効果でも代用できるのであれば)、その効果を削除して、別の効果を設置しましょう。


3. ドロップシャドウ(影)が見えなくなった

ドロップシャドウが境界線に隠れている可能性があります。
このような場合は、境界線を小さくするドロップシャドウの距離を長く設定します。
ただ、ドロップシャドウは境界線込みの影の形ではないですので、境界線が太いと、ドロップシャドウが小さすぎるように感じることがあります。


4. 境界線の外側がぼかせない

基本的に、境界線の外側部分をボカすことはできませんので、光彩(光)+境界線 と言うことになります。
ただ、光彩がスクリーンである効果の場合は、黒い光の光彩は出ませんので、白い背景に黒い光彩を出すことはできません。


スポンサーリンク