Photoshop の写真に編集モードについて

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。


Photoshop Elements ( Ver 6.0 )には、写真編集モード写真整理モードがあります。
写真編集モードとは、効果をつけたりテキスト(文字)をつけたり絵を描いたりする為のモードです。

スポンサーリンク

写真整理モードとは、写真を回転させて写真の縦横を揃えたり、色や明るさを補正するためのモードです。両方ともあれば便利です。
写真編集モードは、主に下のような感じになっています。



メニューバー

主な作業メニューが表示されています。
メニューの名前や場所などは、バージョンがUPすると追加・変更されることがありますので、バージョンがUPすると、覚えなおしになることがあります。
ただし、大体の場所や名前は同じですので、一度覚えてしまうとそんなに大変ではないかもです。


ツールバー

ツールバーのツールアイコンをクリックすると、各ツールが使えます。
右下隅に黒い三角があるツールアイコンは、そのツールアイコンに複数のお仲間が隠されている目印ですので、黒い三角のあるアイコンを押すと、お仲間がペロッと出てきます
その後、そのお仲間のアイコンをクリックしますと、そのツールを利用することが出来ます。

ツールバーの一番下にある二つの四角は、現在のツールの色背景色です。
この色をクリックすると色指定ウインドウが開き、色の変更が出来ます。
(スウォッチウインドウの色をクリックすることでも色の変更が出来ます)


効果ウインドウ

デフォルトではパレットエリアに格納されていますが、ドラッグ&ドロップで効果ウインドウを引っ剥がして、パレットエリアを非表示にすることができます。
効果ウインドウには、色々な効果アイコンがあります。

これらのアイコンをクリックすれば、選択中のレイヤーや背景にその効果が適用されます。
(レイヤーでないと適用できない効果もあります)


写真整理モードアイコン

このアイコンをクリックすると、写真整理モードが開きます。
写真編集モードから写真整理モードを開くと、両方のモードを開くことが出来ます。


ツールの設定

現在選択中のツールの設定が表示されています。
数値入力できるものは、数値入力でコントロールできます。
レイヤーの回転やレイヤーの拡大・縮小などの数値もこちらで設定できるようになっています。


プロジェクトエリア

現在、写真編集モードとして開いているファイルが表示されています。
真ん中のつまみ を上下に上げ下げすれば、作業中のファイル一覧の表示されるスペースも上下に伸びたり縮んだりします。


レイヤーウインドウ

デフォルトではパレットエリアに格納されていますが、ドラッグ&ドロップで効果ウインドウを引っ剥がして、パレットエリアを非表示にすることができます。
レイヤーウインドウでは、作業中の画像ファイルのレイヤーや効果などを表示しています。
レイヤーとは、透明なセル画のようなものです。

クリックしたレイヤーが選択されます。
目玉マークのあるものが表示されているレイヤーで、目玉マークのないものが非表示のものです。
目玉マークの辺りをクリックすることで、表示・非表示を切り替えられます。



この他、スウォッチウインドウや情報ウインドウなどのウインドウがあります。
(便利なウインドウですが、初期設定ではこれらのウインドウは隠されています。『 メニューバー ⇒ ウインドウ ⇒ スウォッチ or 情報 』 で開きます)


スポンサーリンク