【筆圧】 ペイントツールの使い方 【サイズ】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。


Photoshop は、 写真編集ソフト ですが、絵もかけます。
この時に使用するのがエアブラシツールか、ペイントツールです。



私は主にペイントツールを使用しています。
ペイントツールでは、ブラシの大きさや形を色々と変更することが出来ます。

スポンサーリンク

大きいもの小さいもの、ボケ具合の多いもの少ないもの。
この他、色々なブラシの形状を選べますので、髪の毛を描いたり模様をつけたりドライブラシの雰囲気で絵を描いたり、水彩画風に絵を描いたりできます。

また、筆圧を感知してくれる タブレット を使用すると、筆やペン先の柔らかいペンのように絵を描くことも出来ます。(詳しくは、【細い】 筆圧とタブレット 【太い】ページをご覧下さい)
筆圧の強さについては、Photoshop ではなくタブレットの設定で変更します。



ペイントツールのは、ツールバーの下に表示されています。
左側がペイントツールの色で、右側が背景用の色です。



ペイントツールで使用する色を変更する際は、ツールバーの下に表示されている 左側のツールの色をクリックして、色指定画面で色を指定してあげます。
それか、スウォッチの色をクリックすれば、ペイントツールでその色を使用することができます。


 


ブラシサイズを変更するには、ペイントツールを選択した後、メニューバーの下に表示されているブラシ例をクリックします。




すると、ブラシウインドウが開きます。
ブラシ: の項目を変更すると、初期設定のブラシ以外にも様々なブラシを選択できます。



ちなみに、描くのに失敗してしまった場合は、Undo (前に戻る)か、失敗した箇所を消しゴムツールで消せばOKです。


スポンサーリンク