【暗】 乗算とスクリーンについて 【明】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。

こちらのページの写真は、 Cannon Power Shot (型番は720IS)で撮影しました。
この型の Power Shot は単三電池が使えて接写ができる なかなか良いカメラです。


高機能な 写真編集ソフトペイントソフト のレイヤーでは、乗算スクリーンが使えます。
これが使えますと、レイヤーで暗い色を重ねたり(乗算)、明るい色を重ねたり(スクリーン)できます。



と、ここで乗算とスクリーンについての簡単な説明です。
乗算は下のレイヤーに暗い色をのせるわけですから、乗算をかけたレイヤーが明るければ軽いほど変化がありません。(透明になります)

一方、スクリーンのほうは、下のレイヤーに明るい色をのせるわけですから、スクリーンをかけたレイヤーが暗い色であればあるほど変化がありません。(透明になります)

スポンサーリンク

乗算例

暗い色であればあるほど効果が見えます。


スクリーン例

明るい色であればあるほど効果が見えます。


普通にレイヤーの透明度を下げても、乗算やスクリーンの見え方にはなりません。
乗算やスクリーンは、レイヤーの透明度を弄るだけでは出せない演出が出来ます。

この他、 Photoshop には覆い焼き(強いスクリーン)や焼き込み(強い乗算)もありますし、ソフトライト(薄い乗算とスクリーン)やオーバーレイ(色を掛け合わせたような感じ)などの効果も使えますし、彩度輝度明度などのモードもありますので、直に色や明るさを弄るよりも楽に画像や写真を加工することが出来ます。



ちなみに、この乗算やスクリーンも画像のファイルサイズ( pixcel のサイズ )が大きくなれば、その分、ファイルのデータ量も大きくなってしまいますので、乗算やスクリーンを大きな画像ファイルで使うのであれば、パソコンメモリグラフィックボードそれ相応のものを積んでおいたほうが無難かもです。


スポンサーリンク