【ベクタ方式】 線(ライン)を引く方法

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。


Photoshop での(ライン)の引き方は・・・


1. ツールバーでラインツールを選択する
2. ラインの開始地点から終り地点までドラッグする


・・・と、これだけです。
これで線が引けます。



ただ、ライン作成で注意せねばならないことがあります。
それは、ラインツールで作ったラインは普通のラインではなく、シェイプラインだということです。
シェイプとは、ベクタ方式で作った画像と言うことです。

スポンサーリンク

シェイプツールで作った形はベクタ方式の画像ですので、拡大しても縮小しても形がガタガタにならないようになっています。
ベクタ方式とは、ビットマップ方式のようなドットで表現する画像のではなく、図形として表現する画像のことです。ベクタ方式は図形として表現する画像ですから、その図形を拡大しても縮小しても、ふちの部分がガタガタになりにくいのです。

特に、画像を拡大した時にはベクタ方式で作ったラインはきれいです。
下は、画像を拡大した時の結果です。

上のラインがラスタライズ(ベクタ方式からビットマップ方式に変更すること)する前のシェイプ状態のラインで、下のラインがラスタライズした後のラインです。
拡大したら、下のほうのラインが大きくボケました。



昔の Photoshop のラインツールは、ビットマップ方式でラインを作成していたのですが、今の Photoshop では、ラインツールのラインもシェイプで作成するようになっています。

このようにして作ったラインは、普通のビットマップ方式のラインにすることもできます。
やり方は簡単です。
レイヤーウインドウで普通のビットマップ方式のラインにしたいシェイプを選択し、右クリック
右クリックしたら 『 ラスタライズ 』 と言うのがでますから、そのラスタライズを選択してください。



1. 普通のドットで作られた画像にしたいシェイプを選択(レイヤーウインドウ)
2. 右クリック
3. ラスタライズを選択


ペイントツールでも同じなのですが、ラインツールで線を作成中にShift キーを押すと、縦でも横でもまっすぐな直線が引けます。



あと、ラインツールは開始地点終了地点矢印の有無を指定できます。
ですので、矢印つきのラインを引きたい方は、メニューバーの下のツールの設定項目開始地点終了地点矢印の有無をチェックしてからラインを引くと良いです。
(この場合も、Shiftキーを押しながらラインを引くと直線になります)



ラインツールの色の変更の仕方は、メニューバーの下のラインツールの設定項目の色の選択ボタンを押し、色を選択すればOKです。



このほか、ラインツールに効果を入れることができます。
効果の入れ方は、メニューバーの下のラインツールの設定項目の効果の選択ボタンを押し、さらに ≫ ボタンをクリックし、つけたい効果を選択すればOKです。



この効果は、レイヤーウインドウから削除できますし、普通のレイヤーにつけた効果と同様に、レイヤーウインドウのfxアイコンをクリックすることで、効果のスタイル設定画面を開き、効果の設定を変更することもできます。
(詳しくは、【光彩】 効果の基本 【ドロップシャドウ】 をご覧下さい)



スポンサーリンク