【ペイント】 ツールの基本 【スタンプ】

ご注意・ご免責事項

こちらのページの機能は、 Photoshop Elements (Ver.6.0) の機能をご紹介しています。Photoshop Elements のバージョンによっては追加されている機能や使えない機能もありますので、予めご了承ください。



Photoshop の魅力の一つに、ツールの多さがあります。
ツールが多ければ多いほど、より画像加工や修正がしやすくなります。

ツールバーにある Photoshop の各ツールはショートカットで切り替えが出来るようになっていますので、一々ツールアイコンをクリックせずとも良いようになっています。

スポンサーリンク

このため、これらのショートカットを全部記憶されている方は、ほとんどの作業でツールバーは表示せず画面全部を作業スペースとして使って作業しています。

これらのPhotoshop のツールの中でも、特に私が便利だと思うのは、スタンプツールです。
スタンプツールは、Ctrlキーを押しながらスタンプの元となる画像のあたりでクリックすれば、スタンプを押すようにコピー&ペーストすることができます。



ツール機能の設定は、メニューバーの下に出ています。
設定の変更は、覆い焼きツールの場合ですと、露光量の数値(%)を変更すればツールの強さが指定できますし、サイズの項目を変更すればブラシサイズを指定できます。

尚、ペイントツールスタンプツール覆い焼きツール焼きこみツールなど、ブラシサイズを指定できるものは、『 キー』 や 『 キー 』 でサイズ指定できますので、ブラシサイズの変更だけでしたら、ツールバーの下のツールの設定でブラシサイズを変更する必要はありません。

あと、ツールバーアイコンに黒い三角のポッチがついているものは、クリックすると別のツールが出てきますので、ツールバーに表示されているもの以外のツールも使用することが出来ます。



ショートカットキーでツールを選択する場合は、同じキーを押し続けることで切り替えが出来ます。
例を挙げますと、O キーを一回押すと覆い焼きツールが表示され、ニ回目は焼きこみツールが表示されます。さらに、三回目はスポンジツールが表示され、4回目には再び覆い焼きツールが表示されます。



ちなみに、使用できるツールやツールバーに掲載されているツールアイコンの位置や種類などは、バージョンによって変化しますので、新しいバージョンの Photoshop を使用しますと、最初のうちはちょっと困惑するかもです。
ただ、私の知る限りでは、ツールのショートカットキーはバージョンが変わっても変更しないです。


スポンサーリンク