【情報量】 データの重さ

各ファイルにはそれぞれデータ量があります。
文字の量が多かったり、画像ファイルがあったりすると、当然データ量が増えるわけです。


ファイルサイズを確認する方法

データ量を調べる場合には、ファイルの上で「右クリック」をして、「プロパティー」を選択すれば見ることが可能です。(OSがWindowsの場合)
プロパティ画面で「サイズ」を見ると、そのデータのサイズを確認できます。



また、各フォルダーの上の方に表示されている「表示」という項目のなかの「サイズ」というコマンドを選択すると、各ファイル(フォルダー)のサイズが一覧で表示されます。
(まとめてサイズを確認したい場合には、この方が便利です)

スポンサーリンク

しかしながら、サイズの単位がKB単位ですので、1KBに満たないファイルの場合は、1KBと表示されてしまいますので、詳しくご覧になる際には、ファイルの上で「右クリック」をして、「プロパティー」を選択してサイズをご確認ください。



画像ファイルの色数とデータ量

画像ファイルの場合、使用している色数が増えると、データ量が増えてしまいます。
例えば、↓の画像は256色で制作されています。
画像サイズはおよそ9KBです。

その一方で、↓の画像は32色で制作されていますが、画像サイズは5KBです。

つまり、データのサイズが半分近く下がっているのです。
ですので、出来るだけデータを軽くしたいのであれば、色数は出来るだけ減らすのに越したことはないわけです。

インターネットで画像を公開する場合、あまりにも画像のデータ量が大きい場合は、その画面を開く際に非常に時間がかかってしまい、ご覧になられる方にストレスがたまってしまいがちになりますので、インターネットで画像を公開する際は、できる限り色数の少ない画像の方が良いのではないかと思います。


スポンサーリンク